引越し1週間前までにやること

引越し2~1週間前までにやることについてです。

引っ越しする日まで2週間を切りました。
既に粗大ごみの処分やネット回線、携帯電話といった手続きは終わっているでしょう。

スポンサードリンク

a0003_000916
この時期だと、役所での手続きをおこなうことができます。
役所でおこなう手続きは、転出届け、印鑑登録の手続き、国民健康保険の資格喪失届、子ども(児童)手当の受給事由消滅届、
です。

役所で必要な手続き

市役所、区役所で必要な手続きは以下の4つです。

・転出届け
・印鑑登録の手続き
・国民健康保険の資格喪失届
・子ども(児童)手当の受給事由消滅届手続き(子どもがいる場合)
これらは全て最寄りの市役所(区役所)に行って手続きをすることになります。

必要な持ち物は本人確認書類(免許書か保険証)と印鑑だけ。
それ以外の資料は全て役所に揃っています。

時間は1~2時間程度で終わるようなものです。
市役所、区役所は平日の昼間と受付時間も限られているため、
行ける時間を作って早めに終わらせておきましょう。

手続き後に発行される転出証明書などは引越し先で転入届を提出するときに必ず必要になります。
荷物を梱包した際に、「どこに入れたか忘れてしまった・・」ということが非常に多いので、
ちゃんと場所が分かるように大切に保管しておいてください。

子ども手当を受給されている方は、引越し先での再登録をおこなう際に、前年度住民税の課税証明書か所得証明書を発行してもらう必要がありますので、
こちらも忘れずにもらうようにしてください。

同一市内間での引っ越しの場合は

都道府県をまたいだり、別の市町村に移動するのではなく、
引越し先が同一市内になる場合は「転出届」ではなく「転居届」の提出になります。

必要な書類は

・印鑑
・年金手帳
・国民健康保険証
・本人確認資料(免許証か保険証)

上記を用意して役所に行って手続きをおこないます。

同一市町村内間での引越しをおこなう場合は、国民健康保険、年金、印鑑登録の手続きは
転居届を出すことで自動的に住所変更がされますので、幾分手間が省けます。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。