引越し後14日以内にやること

荷物を運び終えて、部屋を片付けた。
気持ちも一息つきたくなりますが、まだ引越しが終わったわけではありません。
市役所、区役所への手続きをする必要があります。

スポンサードリンク

a0002_009360

引越し後の手続きの流れ

引越し後の手続きは何をやるのかまとめてみました。

順番として
市役所、区役所の手続き
免許や自動車、バイクの手続き
電気、水道、ガス、パスポートに関する手続き
小学校、中学校の転校届けの手続き

でおこないます。

注意すべき点ですが、
最初に市役所での住所変更届をおこないます。
ここで住民票を入手します。
他の手続きが住民票が必要なため、役所での住所変更を後回しにすると2度手間になってしまいます。

余計な時間を無駄にしないように順番にやっていきましょう。

市役所、区役所の手続き

一番目にやるのは役所(町役場、村役場も含む)でやる手続きです。

・転入届の提出(同一市内での引っ越しなら転居届の提出)
・印鑑登録の手続き
・国民健康保険への加入
・国民年金を登録

子どもがいる場合の手続き

・母子手帳の登録変更
・子ども手当、児童手当の手続き
・小学校、中学校の転校届け
必要書類(転出届、印鑑、健康保険証、年金手帳)を持っていくことで、
一度で全ての手続きを終わらせることができます。

必ず役所に最初に行って転入届を提出して、住民票を発行してもらうことをはじめにおこなってください。
免許の更新にも住民票は必要になります。

免許や自動車、バイクの手続き

次は免許と自動車、バイクの住所変更をおこないますい。

警察署や免許証更新センターで免許の住所変更はできます。
ゴールド免許かそうでないかで手続きできる場所は変わってきます。

免許証の住所変更

免許証は各地域毎の免許証更新センターで、変更することができます。

このときには以下の書類が必要になります。

以前の住所が書かれている免許証
印鑑
新しい住民票

あとは警察署、免許証更新センターに置いてある書類をその場で記載して、
必要書類と一緒に提出することで手続き完了します。

・自動車、バイクの住所変更手続き

普通自動車、軽自動車、大型バイク、原付サイズごとに手続きする場所が変わりますが、
ほとんどは新しい住居の地域を管轄している陸運輸支局に行けば大丈夫です。

必要な書類は

印鑑
車検証
車庫証明
住民票
の4点です。

これらの書類を持っていき、必要事項を記入して手続きが完了となります。

電気、水道、ガス、パスポートに関する手続き

最後に電気水道関連の手続きをおこないます。
必要となるのは、

電気の利用開始と支払い方法
水道の利用開始と支払い方法
ガスの利用開始と支払い方法
パスポートの住所変更
電気・水道・ガスについては郵送で変更・支払い方法の連絡が送られてきているはずです。
時間はあっという間に過ぎていきますので、早めにすませてしまいましょう。

パスポートについては、すぐに使うことがなければ後回しでも大丈夫ですが、いずれにしても住所変更手続きは必要なので、
時間がとれたらなるべく早めにおこないましょう。

小学校、中学校の転校届けの手続き

子どもの転校の手続きは、教育委員会に新しい住民票を持っていき、入学する学校の指定を受けた後、転入学通知書が発行されます。

その通知書を持って入学予定の学校に行き、以前の学校から発行された在学証明書、教科書給与証明書、転入学通知書を提出することで手続きが完了します。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。