意外に難しいアジアン家具の雑貨、チェストの活用

アジアンインテリアの魅力??それは南国ののんびりとしたリゾート感、そしてその空間にいるだけで癒されてしまう雰囲気の効果などです。

もちろんインテリアセンスもありますが、竹や籐、麻といったアジアンをイメージさせる自然で天然な素材を使用した材料から生み出されるものです。

スポンサードリンク

アジアンリゾートの雰囲気を出したいのであれば、ソファや棚、ラックやテーブルといった身近にあるものの中から、大きな家具を交換するだけでも、ちょっとしたアジアンスタイルに早変わりし、その雰囲気を味わうことができます。ajiankagu

値段もブランドでなければ手頃な値段で入手できますし、日本の家具とも比較的相性が良いところがメリットです。

デメリットとしては、長期で使用するためには、埃を払って乾拭きしたり、普段からのお手入れをする必要があるでしょう。

アジアのテイストとして人気なのが、なんといってもインドネシア・バリ島です。

あとは、フィリピン、タイ、ベトナムあたりの雰囲気も人気が高いです。

アジアンインテリアでは、東南アジア系とは異なりますが、中国家具も人気が高いのです。

比較的重圧感があるのですが、その中にあるインテリジェンスさが、部屋に落ち着きと妖麗な雰囲気を同居させてくれます。

最近ではアンティーク家具も人気が高いです。それぞれ個性的で独特な形状をもっており、お部屋にインパクトやアクセントを与えてくれます。

あとは織物や編物、布地といったアイテムも使ってみるといいでしょう。

非常に相性がいいので、うまく取り入れてあげることにより、アジアンインテリアはより雰囲気を高めてくれます。

例えば柄の一部分を切って額に入れたり薄手のものを吊るしたりとインテリアのお供にする。

ダイニングテーブルの中央に敷くと単調なテーブルがアクセントとしていい変化をみせてくれます。

タペストリーのように飾って、間接照明を当てることで部屋に立体感も生まれてきます。電気は暗めにするとがらりと部屋の空気が変わってきます。

デザインに関しては「シンプル」が鉄則です。

あれもこれもととりいれると、逆に雑多な感じがして間違いなく失敗します。

非常に個性的でオリジナリティが高いアイテムなので、いろいろ飾ってしまうことで、それぞれのアイテムの主張が際立ってしまうからです。

インテリアの価値を下げてしまうので、このあたりがセンスの出しどころでしょう。

アイテムは最低限の数で出来るだけ少なく、置く品物については、これだけはゆずれない!というものに絞り込むことです。

家具同士は同じトーンでまとめてみてください。

色に関しても同様です。相性の良い色がありますので、それらを組み合わせてきれいに見せることです。

「生活感のない部屋」を目指す人が多いのですが、人が住んでいる限り、どうしても物が増えていってしまい、生活感もどうしても出てきてしまいます。

いらない物を捨て、できるだけ必要最低限におさえることが、アジアン家具を使いこなすコツです。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。