引越しの際に大変なベッドはどうすればいい?持っていくのか、それとも処分か

引越しをおこなうときに、一番大きくて一番かさばるのがベッドです。

「大切なベッドだから持っていくのは当然」という人もいれば、
「こんなに大きくて場所を取るんだったら、いっそのこと処分してしまおう」
と考えている方もいるかもしれません。

スポンサードリンク

bed
確かに搬出、搬入で一番大変なのがベッドです。マットレス、掛け布団とあわせると、かなりの体積になりますし、自力で移動させるのも難しく部屋に傷がついてしまいます。

自分での引っ越しの際にも一苦労です。車はやはり4t車は必要です。ハイエース、ステップワゴンクラスでは積みきれません。
処分にもいろんな方法があります。

1、粗大ごみとして処分
2、知人に引き取ってもらう
3、引越し業者に回収してもらう
4、リサイクルショップで売却
5、オークションで売却

ざっとあげただけでもこれだけのやり方があります。

1、粗大ごみとして処分

各自治体に連絡して回収してもらう方法と民間業者に回収してもらう方法があります。

自治体のメリットとしては、安い金額で回収が可能ということです。デメリットとしては、回収日が決まっていることと、回収場所もある程度決まっているので、部屋から自分で持ち出すことができないのであれば、自治体での引き取りは難しいです。

民間業者は値段は高いですが、日程の融通が付けられますし、部屋の中に入って分解、解体作業までおこなってくれます。ベッドは大きいので、自分で動かせないのであれば、民間業者に頼むのも一つの手です。ベッドの解体ですが、解体できるものとできないものに分かれます。

海外のブランド製品だとほとんどが解体できない構造です。IKEAなどの自分で組み立てる製品は、解体も可能ですが、特殊な工具が必要になることもあります。無印良品やニトリ、大塚家具、シモンズのベッドも取扱いは難しいです。

シングルベッドなどは、まだ複数の作業員での持ち運びが可能ですが、解体のできないダブルベッド、クイーンサイズ、キングサイズにもなると部屋からの搬出も大変でしょう。場合によってはクレーン車を使うこともありますが、当然これらも費用に追加されてしまいます。ベッド運搬の追加費用は2階よりも上部でクレーンを使うことになると、一気に価格が跳ね上がります。

2、知人に引き取ってもらう

欲しい人がいるのであれば、安くかもしくは無料で譲ってあげるのがいいでしょう。お金を介在させなくても欲しい人が使うことにより、ベッドも廃棄にならずに役立つわけですし、その意味では一番ベストな方法でしょう。

3、引越し業者に回収してもらう

引越し業者に当日不用品として回収、廃棄してもらう方法です。別の業者を手配することなく、当日にまとめてやってもらえるので手間はかかりません。

欠点としては、割高になってしまうこと、当日の搬出、搬入をおこないながらの回収になるので、当日のバタバタが増えてしまいます。あと、引越し業者ではベッドのような粗大ごみの回収をおこなっていないところがけっこうあるので注意が必要です。クロネコヤマト、サカイ、アート引越センターといった大手ではだいたいオプションで可能なところが多いです。

引越し一括見積もりサービスでは、この粗大ごみ回収サービスをおこなってくれる会社がかなり登録しているので、
このサービスで確認してみるのもいいでしょう。

4、リサイクルショップで売る

引き取るかどうかも分からないし、1人で持っていくのは大きくて無理がありますので、電話か直接店舗まで出向いて見積もりの依頼をおこないます。ベッドの大きさと色や形状を伝えて、おおよその見積もりをとってもらいます。スマホで写真を撮っておき、それをお店の担当者に見せると話はスムーズです。

複数の引き取り品がある場合は、直接家に来てもらって確認してもらえばいいですが、そうでない場合は、自ら店舗に行った方が話ははやいです。

5、オークションに出品

ヤフオクをみてみると、実際にベッドも出品されています。ただ、そのほとんどが家具業者やホームセンターの展示品やアウトレット品だというのが実情です。値段が安くても、配送料金だけで数万円かかってしまうので、中古品で購入するメリットもあまりないため、買い手もそれほど多くありません。

買い手が多くないということは、出品~落札までも時間がかかるということです。
引越し日が間近に迫っている場合は、当日までに処分ができない、という可能性もあります。

落札者が近所でとりに来れる人であればまだ話も早いのですが、なかなかそうもうまくいかないようです。

持っていくにしても、廃棄処分にするにしても、ベッドのような大きなものは、面倒になってしまいます。そのことを踏まえ、処分をするか、人に譲るか、ということを早めの段階ではっきりさせて片づけておいた方があとあとラクです。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。