引越し時の強い味方になる!?便利屋を上手に使おう

よくポストにチラシが投函されていたり、折り込み広告に入っていたり、何をするのかよく分からないけど、名前は聞いたことがあるのが便利屋という業種。何でも屋、ともいいます。名前の通り、どのような仕事であっても基本的には受け付けてくれます。(もちろん法律に触れたり、危険性が高い、道徳的に良くないものについてはNGです)

スポンサードリンク

a0003_001856

例をあげると・・・、

雪かき雪下ろし
買い物代行
害虫駆除
探偵業務
盗聴器発見
浮気調査
結婚式、葬式の代理出席

といったものがあります。

変わった依頼としては、
・風俗面接の付添い
・アダルトグッズを購入の付添い
・上の住人の足音がうるさいので、文句をいってほしい
・東京ディスニーランドで1日一緒に過ごす
・愚痴聞き、話し相手

文字通りいろんなことをやるのが何でも屋の業務です。この仕事はいろんな人の人生の暗部というか、いろんなところがみえるのかもしれませんね。基本的に手間がかかることを代行するのが便利屋の仕事ですが、ハウスクリーニングや引越し手伝いもけっこう依頼が多い方です。あと、探偵業務などは、便利屋というよりほぼ探偵業専門でやっているのが普通です。

引越し手伝いや片づけについては、ほとんどの便利屋で請け負ってくれるのでお願いしてもいいでしょう。

大手の便利屋か?中小、個人経営のところ?

大手だと便利屋お助け本舗、ベンリーコーポレーションがあります。大手だと東京、横浜、名古屋、大阪、福岡といったところをはじめとして全国にチェーン展開しているので、安心感があります。ただし、引越し業務の手伝いやハウスクリーニングについては、中小や個人経営のところでも大きな差はなくやってもらえます。

便利屋はできることが限られる

引っ越しをおこなうのには、許可が必要なのです。引越し業者は認可されていて、便利屋は許可を持っていないので、出来ない仕事というのがあります。

便利屋が出来ない作業

まず明確にできないのが2つあります。
「便利屋のトラックで荷物を新居に運ぶこと」
「荷物を積んだ車両で新居まで運転してもらうこと」

便利屋さんの車両で荷物を運ぶこと自体がダメです。運転手がだれであっても、便利屋の車では運べないのです。というのは、車両の貸し出し=レンタカーということになるからです。
レンタカー事業も認可制なので、認可のおりていない便利屋が車を貸すことはできません。

車の貸し出しと引越し先への運搬ができないわけです。

また専業の業者と違って慣れていないこともありますし、梱包の段ボールなどのサービスがなかったり、部屋や通り道の養生がなく、傷がついてしまう恐れもあります。

じゃあ何ができるの?

その他の作業であれば問題なくできます。特に自分で作業をおこないたいけど、人手が欲しい・・、という場合にはうってつけです。

できることをあげてみましょう。

荷物の梱包と開梱、荷物の搬出、搬入、トラックへの積み込み、ハウスクリーニング、エアコンの脱着子供のお守り、ペットの世話、不用品の処分、売却・・。

こうやってみると、当日の作業の大部分は手伝ってもらえるのが分かるでしょう。

料金は結構高い

便利屋の値段ですが、正直なところ、引越し業者で人員を頼むよりも割高になります。

首都圏と地方、お願いする業務内容によっても価格は異なってくるのですが、一例としてあげると、
出張費:1名につき2,000円
作業費:1名につき1時間あたり3,000円ほどになります。

仮に2名の方に2時間お願いすると、合計で16,000円となります。時間が2時間だとやることは限られます。

また、時間制である以上、旧居から新居へ移動する間の金額も加算されてしまうので、最初から最後までお願いする、というのは厳しいかもしれません。まず、旧居での作業をお願いするか、新居でお願いするか、というのをあらかじめ決めておきます。

そして作業については、ピンポイントでお願いすると効率がよくなります。女性の場合は、自分でもてない物を運んでもらうなど、力仕事をお願いしてもいいでしょう。

失敗例で一番多いのが、自分で引っ越ししようとして、自力で準備を始めたはいいが、間に合わないことが判明し、大急ぎで便利屋にお願いした、というケースです。

値段が割高なのに加えて、しっかりと養生がされていなかったり、重いものを持つのが危なげだったり・・、と心配の種は尽きません。

引っ越し費用を浮かせるつもりが、逆に高くかかってしまった。結局は、素直に引越し業者に頼めばよかった、という人もけっこういるのです。

そんなことにならないように、便利屋をお願いするときは、事前の準備をしっかりとしておきましょう。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。