見積もり時につい忘れがちな自転車に注意

見積もりをお願いする際に、部屋の中の荷物だけを見てしまいがちですが、家の外にも当然持っていかなければいけない荷物があります。
その中でも、場所を取る大きな荷物の筆頭が自転車です。

スポンサードリンク

自転車の見積もり忘れというのは非常に多く、業者が見積りを出し終わってから、いざ引越しという段階になってはじめて、自転車があることを思い出した、ついうっかり忘れた。という失敗例がかなりあります。

bicycle

自転車の引越し価格が高い・・

そして面倒なことに、引越しでの自転車の料金はけっこう高いのです。
その理由ですが、

・自転車はサイズが大きく、トラックには積みにくい
・バランスもよくなく不安定なため、倒れて傷付けないように固定、梱包する必要がある。
・形がでこぼこしているため、周囲に荷物を置くことができず、スペースを余計多く取ってしまう。

といったように場所を取るうえに、取扱いも手こずるからです。

引越し業者にとって自転車は荷物の中でも、場所と手間をとる存在なので、配送に含める場合ですと、引越し料金が割増しされる場合がほとんどです。
値段は引越し会社によっても変わりますし、自転車の大きさや運送距離にも左右されますが、ママチャリだと1台当たり平均で数千円~1万円程度です。

特に、いわゆる高級自転車(ロードバイク、マウンテンバイク)になってくると、1万~2万以上の料金が別途加算されることもあります。

見積もり忘れで当日お願いすることになった場合、当然金額も加算されることがほとんどですが、それでもその便に乗せられるのであればまだいいのです。

最悪の場合、自転車が作業者に乗り切らなかった場合、別の日時になったり、自転車の為に別のトラック、作業員を手配しなければならないこともあります。

そうすると、追加料金だけでも数万円かかってしまいます。

見積もり時には自転車を持っていく方は、絶対に忘れないようにしておきましょう。

自転車に余分な料金はかけたくない場合の、安く運ぶ方法

・自家用車で積んで行く

自家用車を持っている方は、それに自転車を積んで引越し先へ持っていくやり方があります。
この方法ですと、料金はかからずに済みますが、車に自転車を積めなければいけません。

軽自動車はもちろん普通のファミリーカーでも難しいでしょう。

大型の1ボックスを持っていて、スペースにゆとりがある場合にのみおすすめできます。

・自分で乗っていく
引越し先まで自分で自転車に乗っていく方法です。
これは単身で場所が非常に近距離である場合に限られます。
そして、引越し業者は車で移動するので、先に着くことが多く、そこで待たせてしまってはいけません。

・思い切って買い替える

特にママチャリのようなあまり高くない自転車に乗っている方ですと、引越し先で新しく購入するという考え方でもいいかもしれません。
最近の自転車では安いものでは1万円を切るような価格で販売されています。

それでいて品質はしっかりしていて、近場の買い物ぐらいなら、十分に事足ります。

自転車は消耗品だと考えている人も多く、防犯登録の手間などを考慮に入れると、ちょうど引越しの際に買い替えてしまうのもありかもしれません。

引越しの自転車運搬料金が高いことを考えると、買い替えも選択の一つに入れてもいいでしょう。

処分するときはしっかりと

いらなくなったから処分する、というのであれば、早めに処分をおこないましょう。

区役所、市役所に連絡して引き取りにきてもらったり、回収業者に依頼してもいいでしょう。

絶対にやってはいけないのはそのまま放置してしまうこと。

後になって連絡がきて、結局は自分で処分の手続きをおこなう羽目になります。

チャリンコを持っていくか、買い替えるかは本人の自由ですが、処分の場合は早めに手続きをしておかないと後々面倒になります。

単身パックで自転車を運んでくれる引越し業者はあるのか?

「単身引越しらくらくパック」といった荷物の少ない単身者向けのサービスがあります。
代表的なところは日通とクロネコヤマトの単身パックです。

これらは、荷物が少なくひとつのコンテナに収まりきるほどの荷物であれば非常に便利なのですが、自転車が含まれるとなると、コンテナに収めることは厳しいでしょう。
クロネコヤマトで自転車を収めることのできるパックはなく、日通だと一番大きい
日通の引越し 単身パックX
ボックスの内寸 1.649m×2.279m×1.989m=約7.8m3
で自転車を入れることが可能になります。

あとは、西濃運輸のカンガルー単身MAX+1があります。これも、専用ボックスで引越しできるサービスですが、通常、自転車は別料金になるところを、カンガルー単身MAX+1では、専用ボックスの料金のみで、自転車1台を無料で運んでくれます。

単身パックでは、自転車を含むと途端に割高になってしまうので事前の見積もりは必ず必要になります。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。