段取り8分仕事2分は引越しにも通用する!引越しを劇的にラクにする段取りについて

「段取り8分仕事2分」という言葉があります。(段取り8割仕事2割ともいいます)たとえば国間の戦争や、かつての戦国時代の合戦では、戦の前に勝利は決まっているといわれていました。

実際に戦いをおこなうのが「仕事」で、事前の戦略、外交、調練、といったところが「段取り」となります。「段取り」がしっかりとしていないまま、戦争になっても著しく不利な状態になるだけです。

スポンサードリンク

wi-fi

実際には、派手なスポットライトが当たる仕事も裏での地道な努力や下準備が8割以上を占めるといいます。目に見える部分は2割にもみたないのが普通だとか。レストランにしても、仕込みが8割で実際の営業が2割しかすぎません。

でも、これって実は引越しにもそのまま当てはまるんです。引越しは行き当たりばったりでおこなうものではなく、事前準備が必要です。

それがないから、当日になってばたばたしたり、間際になって見積もりをとったり、プランも検討せずに適当に業者にお願いするから
払わなくてもいいお金まで払う羽目になって、結果として損をしてしまう・・。

仕事で結果を出しているような人は、間違いなくダンドリ上手です。それは何をやるべきか、何をやらないでいいかが明確であり、
必要のない無駄はぴしゃりと省くことができている。スケジュールに踊らされることなく、自分がスケジュールをしっかりと管理している。
という特徴があります。

ダンドリ上手になるために

日程を早めに決める

引越し日が決まらないことには、見積りをはじめとする業者の選定、荷造りの準備や引越し先の下見などが何もできなくなってしまいます。まずは、具体的な引越し日を設定して、そこから当日までのやるべきことを逆算して割り振っていくと、何をやるかがはっきりと分かるようになります。

やることが多いとはいうものの、少しずつ計画性をもってやっていけば、十分に対応できることばかりです。

スケジュールはチェックリストを使おう

やることをリスト化したチェックリストを準備しておきましょう。だいたいわかっているから大丈夫、ではなくて、実際に紙に書き出したり、エクセルに落とし込んでおくと、やることがよりはっきりとしてきます。また、荷造りや業者の手配、といった日程も前倒しでおこなっていきます。

 

逆に引越しを通じて、断捨離が得意になっているもの、いらないものが明確になって、自分の人生がシンプルになって、生きやすくなった。という人もいます。ダンドリ下手という方は、引越しを通じて、事前準備が上手にできるようになってしまいましょう。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。