投函された引越しチラシに電話する前に知っておきたいこと

家のマンションはチラシの投函は禁止になっているのですが・・。ちゃんと表にもポスティングやチラシ、フライヤーといった類のものをポストに入れないでください、と但し書きがしてあるのにそれでも入っている・・。

スポンサードリンク

image

キング引越センター

ちらしを投函したのは、引越し業者ではなく、委託されたポスティングの代行業者なのかもしれない。引越し会社の人は関わっていないのかもしれない。それでも、やってはいけない、と書いてあるところにやっているところをみると、モラルというか、基本的な社会常識すらも欠如していると思われてしまっても不思議ではない。

image

ファミリー引越センター

1枚のチラシの表裏にそれぞれの会社が記載されていて、なんで別の会社が1枚のチラシに??と感じたのですが、何のことはない、キング引越センターはファミリー引越センターの子会社ということらしいです。

引越し会社としての立場から

もちろん引越し業者側の言い分もあります。あくまでもポスティングしたのは、ポスティング請負の業者であるから、投函禁止のところにいれたのはポスティング専門業者の責任であるということ。そのため、引越し会社にチラシについてのクレームが入ってくることもたまにありますが、彼らは自分たちの責任ではないという認識です。

そしてなんでわざわざポスティングをおこなって、経費をかけてチラシを住戸に配布をしているかという点ですが、そこからしっかりと利益をとれているから、ということです。

引越しというのは、前もって入念な準備をしておこなう、という人ばかりではありません。急な引越しが決まって即日の移動が必要だったり、中には会社を倒産させたり、借金取りから逃れるための夜逃げをしたり、というやむを得ない理由で急ぎで行動を起こさざるを得ない人たちも多く存在するのです。

そういう人たちは、すぐにでも決めたいので、見積りを複数社でとって安く交渉する、ということはやりません。そのため最初に提示された値段で即時決めてしまいます。業者側にとっては、値段をたたかれなくてすむので美味しい話しです。

あと、アナログな方々も存在します。ネットで見積もりをとると安くなることは、今や常識といってもいいぐらいですが、それを知らずに、チラシに書かれている、格安とか激安という言葉を信じ込んでしまい、見積りなしでチラシの電話番号に電話をかけてすぐに決定してしまう、ということもざらにあります。こんな場合は当然安くなることなく、むしろ値段の高い言い値のままになってしまいます。

上記のような理由で、チラシを見て電話してくる、という顧客は値段をあまり気にしないことが多いのです。結果として高い値段を提示されてしまいます。安い引越しをしたいのであるならば、チラシには惑わされないことが大切です。

 

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。