引越しのフリー便はお得なのか

単身引越しの方、荷物の少ない方、近距離の方が使うことが多い、
「フリー便」とは時間帯の指定がない引越しプランです。

プランの名前は会社ごとに違いますが、その意味合いは同じものだと考えて大丈夫です。

スポンサードリンク

一般的に、比較的近距離の方、荷物が少ない方向けへ提案される事が多いです。
午後の引越しが終わってから夕方から夜にかけておこなわれるパターンが一番多いのではないかと思います。
free

引越のサカイでは、「ご一緒便」(ついで便)

クロネコ引越しでは、「おまかせフリー割サービス」という名称になっています。

これは、当日の時間指定ができないフリー便とは違いますが、同じ方面に行くトラックに荷物を載せる代わりに時間指定をおこなわず、その分値段が安くなる、というものです。

他には「午前便」「午後便」というのも存在します。

・午前便
朝一番で作業をおこなう引越しプランのこと。午前8~9時ごろから開始します。
半日で終わる引越は、昼食前に終了するため、1日に2工程が可能です。
午前便のメリットとしてスタート時間に狂いがないことがあげられます。

・午後便
お昼以降に作業する引越プランのこと。午前便で終了した作業車を利用するため、開始時刻が確定しづらいです。

作業時間も限られているため、単身の移動、近距離のほか、日をまたぐ引越作業の時にも午後便スタートでの利用があります。
午前便に比べて、若干割安になることがあります。

フリー便の場合、時間は各社とも目安の時刻を連絡してきますが、あくまで目安で確定時刻ではありません。
時間をお客側で決めることができないのでフリー便なのです。

時間指定の通常の便よりも価格で安くなりますが、その分時間の融通がきかないので、依頼者はとにかく引越し業者の来訪を待っているしかないのです。

あくまでも、料金が優先のプランとなります。時間については、依頼者があわせるしかありません。

空いたトラックが出たら搬入に向かいます。どの作業車が行くのがも決まっていません。

ある程度の目安時間があったとしても、先約の引越し作業が遅れればスライド式に遅くなってしまいます。
他の作業場が早く終われば、そこのトラックが先に向かう流れになります。

フリー便利用にあたっての注意点

フリー便という名の通り、その日のどの時刻になるかは、まったく分かりません。

たまに早く作業ができることもありますが、いつもいつもそんな流れにはならないです。
引っ越し作業というのは、想定外の遅れがつきものです。
道路事情が悪く渋滞することもしょっちゅうです。
複数の作業をこなしている作業員は最後のフリー便の頃になると、疲れていて作業のスピードも遅くなってしまいます。

時間については、まる一日のフリー便、夕方からのフリー便というものもあります。
引越し業者によって、その扱いも変わりますが、
一般的な夕方のフリー便ですと15時~17時、16時~18時、17時~19時という時間帯が多いです。

しかし、この時間帯もあくまでも目安です。
目安時間を伝えてもこの時間を過ぎてから来ることもかなりの割合であります。

時間のずれに関しては、フリー便という特性上目をつむるしかありません。

フリー便のメリットとデメリット

・メリット

値段が安い。同じ作業量でも通常よりも安く金額が提示されます。

作業がいっぱいで通常だと断られる日程でもフリー便なら、と予定を入れられることもあります。

一日中都合がつけられ、翌日も予定のない人は、価格の安い分好都合でしょう。

・デメリット

時間的な成約がある人は時間の拘束を受けるため、予定が狂う可能性があります。

フリー便は時間ベースでは予定が組めず、夜遅くなる事もあるので気をつけましょう。

大きな引越し、距離の長い引越しだとフリー便にするのは厳しい部分があります。

時間をまる一日あけられないという方でなければ、通常の時間帯のプランにした方が確実です。

フリーではなく、午後便での引越しプランでも終了時間は21時過ぎていた。ということも繁忙期ではよくあります。自分が思っていた時間帯に引越しを完了させることはなかなか難しいのです。

おまけに一日の最後ともなると、作業員も疲れています。疲労のピーク時の作業というのは、どうしても丁寧さに欠けてしまいます。家具や部屋に傷が付いたり、置いたときの衝撃で物が壊れたり、といった確率も上がってしまいます。

結局フリー便はお得か?

フリー便は確かに値段は安いですが、当然そこには値段が安い理由があります。

安い見積もりをもらって喜んだとしても、そこに「時間指定なし」などと書かれていたら、それはフリー便で値段を抑えることができている可能性が高いです。

特に大がかりな引越し、長距離の移動があるようでしたら、フリー便は時間指定のない分、時間の都合がとりづらいと考えて下さい。

逆に一人暮らし、近距離、学生で時間の都合がつくのであれば、フリー便にすることのメリットの方が大きいはずです。

「価格の安さ」か「時間の融通度合」のどちらが大切かを十分に検討してから決めるようにしましょう。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。