はじめての一人暮らしをはじめよう!!

大学、専門学校進学や就職をきっかけにして親元を離れて、一人暮らしを始める方も多いことでしょう。

一人暮らしはあこがれでもある反面、なんだか大変そうですよね。

そういった方々のために、初めての一人暮らしについて、お役立ち情報をお伝えします。

まず一人暮らしは住居を探すことから始まります。

スポンサードリンク

どのあたりのエリアに住むのか?
家賃は最高でいくらまでだったら払えるか?
理想の間取りは?

a0001_013655
最近ではインターネットへの接続環境も調べておく必要がありますね。

光が普及してきていますが、それでもすべての住居に対応できているわけではありません。

最近では、WIMAXなどwifiのみでインターネットをおこなっている方も増えています。

あとテレビを見る方はデジタル放送の受診環境もチェックもしてください。

女性の場合ですが、都会の一人暮らしには注意が必要です。

脅しているわけではありませんが、用心しておくことは当然です。女性の一人暮らしでは防犯対策といった安全面の確認も大事です。

初めての一人暮らしが安心、快適なものであるために、不動産屋の情報をしっかりと集め、実際に物件を自分の目で確認してから決めましょう。

部屋を下見するときのチェック項目についてですが、間取り・給湯設備・照明機器・洗濯機置き場・キッチンの確認といったところです。

そのアパートに住んでいる人がどれくらいの年代の人が多いか聞くのも大切です。

昼と夜では部屋の雰囲気、環境ががらりと変わっていて驚くこともあります。

昼間は人通りも少なく、静かな環境だったのが、夜は騒音などで騒がしく眠れないということもあります。

その逆で夜はやたらに静まり返ってしまうようなところもあります。

近隣の人に問題があるケースも残念ながらあります。

そういった場合にはなかなか面と向かっていいづらいでしょう。

不動産屋の担当者にも、周辺の環境のこと必ずヒアリングしておきましょう。

初めて不動産屋に行く人、引越しの経験のない人は、単独で行くよりも詳しい人、新しく住む地域のことをよく知っている人と一緒に行くと安心できるでしょう。

特に初めての一人暮らしだと、住居選びは慎重にした方がより安心です。

時間をかけてでも信頼の置ける不動産屋を利用しましょう。

実際にどれくらいのお金が必要になるか一人暮らしの資金を再考してみましょう。引っ越しって思ってた以上にお金がかかるものですから。

ようやく住むところが決まり、そして引越しとなるとおおよそどれくらいの料金が必要が見積もりを取ります。

料金は曜日や時間帯によっても変わります。

また時期によっては、割引サービスを受けられる場合もありますので、引越しの業者の方に聞いてみると良いでしょう。

もし、時間に余裕があるのであれば、自分でできることは自分ですませると、経費を浮かすこともできます。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。