一人暮らしのインテリアコンセプトで外せないもの3つ

一人暮らしは、たとえワンルームでも自分の時間を育む大切な部屋。

一人暮らしのメリットはたくさんありますが、何よりも自分好みのインテリアをセレクトしてコーディネートできることです。

インテリアコーディネートを楽しむために、快適な一人暮らしを日々送る為のポイントをご紹介しましょう。

スポンサードリンク

まず一人暮らしは部屋探しから始まります。そして無事に住む部屋が決まったら、必要な家具やインテリアを揃えます。

a1180_012936

インテリアは住まいの中でも一番大切な要素だといってもいいでしょう。

まず、部屋の全体のイメージ(コンセプト)を決めます。コンセプトを決めるポイントは3つ。

1、見た目のイメージ。
温かい感じ・冷たい(クール)な感じ・無機質で生活感のない感じ・等部屋全体の色・雰囲気を頭に思い浮かべて決めます。

2、自分の部屋での過ごし方。普段、家に帰っても仕事をする・一人でくつろぐ・友達と騒ぐなどのそれぞれのコンセプトによって変わります。

仕事場と自宅の兼用である場合もありますよね。そうすることによって、イメージを膨らませます。

そうすると、部屋に必要な家具・インテリアが浮かんできます。

3、家具のもつ風味・質感。
アジアンチックな家具・レトロ調な感じの家具・和風を基調にした家具・ナチュラルな白木の家具・など家具の風味・質感を決めます。

自分のライフスタイルに合わせ、コンセプトに合わせて家具やインテリアをイメージにそって、揃えていくことです。

コンセプトが決まったら家具やインテリアをセレクトしましょう。

壁掛け時計はインテリアとしても重要ですよね。

ただ単に時間を教えてくれるだけではないはずです。

部屋の大きさや雰囲気、部屋全体とのバランスを考えてイメージに近いものを選びましょう。

ソファーは一人暮らしでは想像以上に重要なアイテムです。

なにしろ大きさがありますからね。イメージも物によってだいぶ変わります。

ライフスタイルに合わせて選んでみましょう。使いやすいことも大切ですが、色づかいでも、雰囲気はがらりと変わりますからね。

鏡についてですが、出かける前に自分の着こなしのバランスをチェックしたりするのに姿見サイズの鏡は必須のアイテムです。

あと、大きい鏡は部屋を広くみせてくれるという効果も期待できます。せっかくですから、鏡を活用して部屋を広く見せたいですよね。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。