引越し時の衣装ケースの中身はそのままでも大丈夫?

衣装ケースには、たくさんの洋服が入っています。
1人だったらまだラクですが、家族分になるとそれだけでたくさんの荷物になってしまいます。

スポンサードリンク

isho-case

秋物、冬物などは特にかさばり場所も取りますし、それを全部出して改めて荷造り、となると荷造りの手間もかかりますし、引っ越し先でもまた衣装ケースに入れなおす・・、と二重の手間がかかってしまいます。

結論からいいますと、ほとんどすべての引越し業者は、衣装ケースについてはそのまま運んでくれます。
(ヤマト、日通、サカイ、アートとも同じ回答でした)
改めてダンボールに入れなおして梱包する必要はありません。

ハンガーに掛けてある衣類については、業者が用意してくれるダンボール製のハンガーボックスに掛け替えて運びますが
それ以外のボックスケースでしたら、そのまま持って行ってくれるケースがほとんどです。

Q&A
衣装ケースの中身は移した方がいいの?衣装ケースのままでも大丈夫?

引越し業者の営業の方は、ごくまれに
「搬出、搬入の際に、箱が開いたりすることもあるので、専用の箱に移してください。」
という人もいますが、実際には衣装ケースの衣装については、そのまま、という人がほとんどです。引越し作業員さんもそのままで入れた状態であっても、持っていってくれます。

ただ、割れ物や壊れ物、貴重品ではないかどうか確認するために、衣装ケースを開ける場合があります。

女性の場合は、下着類が入っていて見られたくないこともあると思いますので、下着類は奥にしまいこむか、ガムテープで口をふさいで、開けられないようにする、などの対策はしておいた方がいいでしょう。

衣装ケース搬出時の注意点

・衣装ケースに貴重品や割れ物を入れない
以前あったのが、衣装ケースの服にお皿、グラスを挟んでおき、引越し先で衣装ケースを開いたら、お皿が割れていた、という事例がありました。

引越し屋さんは、衣装ケースを割れ物と認識せずに運びます。
もちろんしっかりと運んでくれるわけですが、割れ物を扱うやり方ではないので、その分床に置いたりする際に、想定以上の衝撃が加わって割れてしまったようです。

割れ物は、しっかりと割れ物だけまとめて引越し業者に割れ物であることを伝えておく必要があります。

・衣装ケースについている、車輪(キャスター)に気をつける

特にプラスチック製の衣装ケース(ニトリ、イケア、無印良品)は、キャスターがついているものが多いです。

以外にこのキャスターは運搬中は、力がかかり、壊れることが多いのです。

また、キャスターがあると、床を転がせることができるので、わざわざ持って運ぶこともなく、ラクなのですが、床を引きずると、床に傷をつけてしまうことが多いのです。

引越しという最後の最後で、搬出時に床を傷つけてしまうと、それが敷金返還の際に、引かれてしまう可能性もありますので、十分に気をつけましょう。

・重いものを入れない
割れ物を入れてはいけない、ということを前項でおつたえしましたが、重量のあるものも入れないようにしてください。例えば、本もそうです。入れるとその分だけ純粋に重たくなりますが、プラスチックの衣装ケースは重いものを入れることを想定していないため、運んでいる最中にヒビが入って割れることもあります。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。