一人暮らしに必要な家具をイメージしてみる

一人暮らしでは自分の思い通りの家具、好きなファーニチャーを購入することができます。

誰にも相談することなく、自分のイメージ通りの部屋がつくれる。これは素晴らしいことだとは思います。

特に自分独自の考えとか価値観、世界観を持っている人は、独り暮らしというのはその面においては快適でしょう。

文句を言われることもないわけですから。

スポンサードリンク

ただ、それだからといっていきなり購入してしまうのは考えもの。

一人暮らしで家具を買う時には、その前に、希望の家具がどうしても必要なのかをよく考えてみましょう。

a0003_000849

引っ越して荷物を入れる前の部屋は広く感じますが、家具を入れ生活してみると想像していた以上に狭くなってしまいます。

実際一人暮らしのほとんどの方はそれほど広くない部屋で暮らすようになるわけですから、絶対に必要不可欠であって、なくてはならない家具なのか、しっかりと考えてから購入を決めましょう。

一人暮らしで必要な家具、まずはベッドの選び方です。

ベッドの形、機能、大きさもあらゆるものがあります。

そのたくさんの中から、自分の身体にぴったりのものを合わせて、部屋の広さにあった形、機能、サイズを見極めて選びましょう。

あとはカーテンもそうですね。快適な一人暮らしを行うためにも、カーテンは部屋のイメージを決めるうえでは避けられない要素です。

素材・色・デザインにもこだわりはあるかもしれませんが、あまりに自分の趣味に固執しすぎると、思ったほどには気に入ったものが見付からないものです。

そんなときこそ実際のお店に行く以外にもインターネット上で事前準備としての下調べをしてみましょう。

もし、自分のイメージにぴったりの物が見つかったらすぐに購入することも出来ます。

収納家具としては、メタルラックやカラーボックスなどを効果的に用いることによって見栄えも良く収納力もUPさせられます。

価格も他の物と比較しても非常にリーズナブルで一人暮らしには適しているアイテムのひとつでしょう。

あとは一人暮らしに必要な家具、あった方が便利な家具として、鏡・姿見(大きさは問いませんが、おおきいものは部屋をひろくみせてくれます)・ミニテーブル(ちゃぶ台)・クローゼット・衣装ケース・食器棚などがあります。

あと、最近ではPCも当たり前ですが、長時間同じ体勢を維持できる机(パソコンデスク)と椅子が必要になります。

最初にも述べましたが、一人暮らしの家具はまずは必要最小限のものだけで充分です。

そのあとから必要に応じて買い足していけば少しずつ部屋のイメージも作られていきます。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。