「引越しを格安で」の業者の甘い言葉につられると痛い目にあうかも!?

引越しをしようと思い立ったとき、間違った選び方をしていると、逆に高くて満足度の低い
会社に依頼する羽目になってしまいます。

引越し屋さんのウェブサイトであったり、宣伝チラシなどにも注意してみるといいでしょう。

スポンサードリンク

サービス内容について書かれている分にはいいのですが、

中にはただ「安い」というだけでなく、「格安引っ越し」「引越しが激安でできます」というう文言がやたら目につく会社もあります。

この格安とか激安という言葉をやたらに使う業者は信用しないほうがいいでしょう。

a1640_000185

実際には、車の手配、ガソリン代、作業員の日当、備品などのサービス代などを含めると、極端に安い引越し屋さんというのは存在しないはずです。

それなのに、「激安」「格安」という言葉を必要以上に使ってくるということは、値段の安さを前面に押し出して
強引に契約をとってしまおうという考えの表れだと考えていいでしょう。

こういう業者は最初の値段を抑えて契約を決めた後、いろんなオプションを追加でいれて、合計金額が高くなるようにしています。

選び方では、「必要以上に”格安”とか”激安”という言葉を多用して、契約を迫ってくる引越し業者はスルーするのが正解」
ということです。

値段が安いのには、理由がありますし、しっかりと複数の引越し会社の見積もりをとったあとに、正しい方法で交渉することで
やすくあげることはできますが、意味もなく安いことはあり得ないと考えて下さい。

では、どんな引越し業者を選べばいいの?

そうはいっても少しでも安く引越しをしたいというのは、私たちの本音でもあります。

また、実際に引越し業者間によってもかなりの価格の差があるのが現実です。

実際に高いところに注文を入れた後で、他の業者であれば数万円も安くできた、という話しを聞いて「ああ、あっちの業者に頼めばよかった・・」などと後悔している方は大勢います。

そうならないためには、どうすればいいのでしょうか

1、満足度の高い業者を選ぶ

オリコンなどでは、引越し業者満足度ランキングといったものを毎年公開しています。こういったランキングでは、あてにならない自分勝手なランキングをつけているところも多いですが、オリコンのように比較的中立的な立場に立って、公平感の高いランキングを配信しているところもあります。顧客満足度の低い引越し業者というところは案外多いです。

そういったところにひっかからないように、満足度の高い業者を選ぶことでぼったくりにあうことを防ぐことができます。

2、必ず複数の業者から相見積もりをとるようにする

サービス度が高い、顧客満足度が高い、ネームバリューがある、ということだけで引越し会社を選択しても、1社だけの見積もりだけでは、相手側は足元をみて、高い価格をふっかけてきます。必ず複数の会社からの見積もりをとって、その中から最安値の業者を競わせる、というやり方をとってください。

複数の業者からの見積もりをとると、1社の見積もりに比べて非常に安い価格での見積もりがでてきます。見積もりのやり方を工夫することによって、できるだけ引越しは格安におこないたいものです。

 

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。