セルフ戦力外となった木村昇吾の大失敗FAに学ぶこと

木村昇吾というプロ野球選手がいます。「松坂世代」のひとりです。

主に試合後半での守備固めや、代走としての起用がほとんどで、広島カープと古巣横浜ベイスターズ以外の野球ファンの間ではそれほど知られる存在ではありませんでした。その木村が一躍注目を浴びたのが、2015年オフにおこなったフリーエージェント宣言。

スポンサードリンク

従来のFA宣言は、十分にレギュラーとしての実績を持つ選手がさらなる活躍を求めて他球団の評価を聞いてみたい、ということでおこなうケースがほとんどでした。

ところが木村は、大胆にもFA宣言。もちろん資格は満たしているわけですから、彼にはまったく落ち度はありません。

ただ、今まで年間を通してレギュラーを勝ち取ったことがなく、規定打席に到達した年もありません。

周囲からは「大丈夫か?」「ちょっと無謀なんとちゃう?」なんて声もあがりました。

チームメイトの広瀬純選手も「取ってくれるチームなんてないだろ?」と元中日の井上に相談をもちかけているぐらいです。

案の定声をかけてくれるチームはなく、他のFA選手が次々と進路を決定していく中、木村選手はただ一人声がかからず、じっと待ち続けます。年末になっても、状況は変わらず、史上初のFA→引退か?などといわれはじめ、さすがに焦りも出たのでしょう。自らも必死に他球団へのアピールをおこないます。

そんななか、声をかけてきてくれたのが埼玉西武ライオンズ。
嶋や広池という元カープのホットラインがあり、鈴木本部長が働きかけてくれたという噂もありますが、それでもすんなりと入団というわけにもいかず、キャンプでの「テスト生」としての参加をいいわたされます。

FAなのに、テストだなんて・・。本人にとっては屈辱でしょうが、背に腹はかえられません。

そんな中で、懸命のアピールを続けた結果、見事に合格を言い渡されます。背番号は「ゼロからの出発」という意味も込めて「0」。

キャンプでは、合格のハチマキを巻いて無邪気にはしゃぐ木村選手の姿が印象的でした。

ところがオープン戦ではまったく結果が出せません。

打率.118(17打数2安打)という1軍では厳しい成績でもあり、3塁打を放った直後に、捕手からの牽制でタッチアウトになるなど、イージーミスも重なり、開幕2軍を言い渡されます。もともと打撃では期待されておらず、長打力もないものの、守備と走塁に定評があるのですが、その守備走塁も、広島時代は「やらかし」が多いといわれていました。

開幕2軍決定となった3塁牽制アウトと広島時代マエケンの打ち取ったフライをポロリ

2軍でも2割ちょっとの打率でしたが、ライオンズの内野陣の層が薄いこともあって、1軍に呼ばれると、最初は3割超えの打率を叩き出しますが、その後本来の打撃に戻り、打率も.221にまで落ち込みます。その後、練習中に右膝を負傷。これが右膝前十字靱帯断裂という重症であることが発覚し、同年オフに戦力外を通告されます。

なんJでは、「セルフ戦力外からガチの戦力外へ」という速報が流されました。

ネットでは、勘違いFAなどといわれ、「セルフ戦力外」などという新しい造語まで生まれる結果となってしまいました。

本人は「自分が決めたことなので後悔はない」といっていますが、後悔のないはずがありません。

去年まで一緒にやっていたチームメイトがマウンド上で抱き合ったり、監督を笑顔で胴上げするのをテレビで眺めながらきっと歯ぎしりしていたに違いありません。

4000万円の年棒を捨て、
優勝という栄光を捨て、
おそらくはあったであろうコーチ手形を捨て、
V戦士の称号を捨て、
優勝決定の歓喜の抱擁と監督の胴上げを捨て、
ビール掛けの喜びを捨て、
優勝パレードとV旅行を捨て、
ご祝儀の年俸UPを捨ててまで、

まったく新しい未知の分野に飛び込む、というチャレンジは大いに賞賛すべきものでもあるでしょう。しかし、自分の実力を冷静に客観視することも忘れてはいけないものかもしれません。

ちなみにヤフーで検索すると、このような関連キーワードが出てきます。kimurashogo

離婚って出てますが、してないはずですよ。自分の夢を追いかけるFAに奥様も納得されていたはずなので。

■セルフイメージの誤りが破たんを引き起こす

木村選手は「日本一のショート」というすばらしい目標をかかげていますが、残念ながら才能の差というものがあります。同じカープの監督でもあった野村謙二郎氏はトリプルスリー、2000本安打を達成した名ショートですが、やはり幼いころからのずば抜けた才能があり、ドラフト1位で指名されているわけです。

対する木村選手はドラフト11位、ドラフト下位指名から這い上がる人もいますが、やはり上位指名される人はそれ相応の能力はもっているのでしょう。これは残念ながら努力で埋まるものではありません。

これは、引越しで次の住まいを決める際にも同じことがいえます。安月給や借金を抱えている人が、自分の見栄や間違ったセルフイメージで、無理しておしゃれな街や高い家賃のところに引っ越そうとするケースがあります。これが破たんの元になるのです。自分に見合わない物事は失敗の原因になることも考慮した方がいいでしょう。

引っ越しも自分の収入に見合った部屋を、という考えが望ましいと思います。

厳しい意見を書きましたが、個人的には木村昇吾は好きな選手です。ドラフト最下位氏名から、ピークを過ぎた小山田投手、それも1対2という完全おまけのようなトレードから常に1軍に帯同するまでになったのですからすばらしいの一言です。守備に付くときの全力疾走も好印象でした。

追記:戦力外通告を受けましたが、あらたにライオンズが育成選手として契約してくれるとのこと。木村選手には、再度支配下登録を勝ち取ってもらい、長年の夢でもあった「日本一のショート」を目指してもらうことを願ってやみません。

追追記:2017年10月6日、再び戦力外通告されました。去年に続いて2度目の戦力外ですが、本人は現役を希望しているとのこと、トライアウトでのいい結果を期待しています。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。