引越し梱包の手順とコツ

引越しの梱包は慎重におこなう必要があります。時間がないから、結局自分で開梱するから、適当にダンボールに詰めこんでいけばいいというわけではありません。

作業員が運びますし、トラックでは箱を数段に重ねます。
引越し中に破損してしまうことも十分に考えられます。

スポンサードリンク

適当な梱包で「割れ物注意」「壊れ物」などの指示や記載がなかったら、当然保証もされません。

a0001_015933

しっかりと梱包の仕方やコツを知って、破損のない状態にしましょう。

 

 食器・調理器具

・割れ物

茶碗やお皿などの本来の梱包の方法は、1枚ずつお皿や茶碗を古新聞紙で包んで箱に入れ、その隙間をさらに新聞紙やプチプチで埋めていくのが普通のやり方ですが、
これだと新居に移って開梱をしたときに、新聞紙やプチプチが大量のゴミとなってしまう恐れがあります。

他の方法としては新聞紙代わりに、キッチンペーパーや布きれで食器を包んだあと、バスタオルを使って隙間を埋めるやり方もあります。
このやり方だとゴミも出ないうえに荷ほどき時の時間の節約にもなります。フライパンや鍋はいくつか重ねてまとめてビニール袋に入れて梱包すると効率的です。

新聞紙を使う場合は、ダンボールの底に新聞紙を重ねて敷き、大きくて重いものから順に並べていきます。
隙間ができている所に新聞紙を詰めて、ダンボールの中で食器が動いたり、触れあったりしないようにしておきます。
ダンボール箱の表には、「割れ物注意」と書いておきましょう。
底が抜けないように、ガムテープでしっかり補強しましょう。

・包丁・ナイフ・スプーンなど

包丁・ナイフは、刃の部分を厚紙で挟むようにして、布製のガムテープで巻くようにします。
飛び出さないように頑丈に巻いてください。しっかり巻いたつもりでも、中身がはずみで飛び出すこともあり
大変危険です。
お箸、フォーク、スプーンまとめてビニール袋に入れて、袋ごと新聞紙で包んでヒモでしばるようにします。
箸がビニールを突き破ることもあるので、2重にしておいた方がいいです。

洋服・靴

・洋服

衣服はシーズンごとの分類が基本です。ハンガーに掛かっている物はハンガーは外さずにそのまま箱に入れておくか、
業者が来た時に、専用の衣類ボックスがありますので、それに引っ掛けます。

シワになると困る衣類はあまりぎゅうぎゅうに詰め込まないようにしてください。

・靴

靴箱があれば靴箱に入れます。箱がないときは、緩衝材でくるむと傷がつきにくくなります。

新聞紙でもできますが、インク汚れに注意してください。
底面を合わせて、そのまま浅い箱へ隙間のないように入れると型くずれすることなく運べます。

チェスト靴箱のようにひとつのボックスとして、引き出しに入っているものはそのまま運んでも大丈夫です。

本・雑貨

本や雑誌は箱に入れないで、それぞれの大きさを揃えたうえで紐でしばります。
本や雑誌は重いので、あまりまとめてしばると、途中でほどけてしまいますので
片手で持てるぐらいの重さ、容量にします。

文庫本、CD、DVD、ビデオがたくさんある場合は、ヒモではなく、小さいダンボール箱に入れるのがおすすめです。

本は中型の箱であってもかなりの重量になってしまうので、小さめの箱の方が搬出しやすいです。

日用品、工具などの雑貨は、種類ごとにまとめて梱包します。

家電製品

家電については梱包は引越し屋さんがおこなってくれることが多いです。
・冷蔵庫
冷蔵庫内の食品、飲み物は当日までになくしておきましょう。前日には電源を抜いて霜取りおこないます。
下にある受け皿に水が溜まっていますので、それを捨てておきます。
新居到着後、最低30分は電源を入れないようにします。これは冷蔵庫内のフロンが漏れて、故障する可能性があるからです。

・洗濯機

ホースの中の水を抜き、洗濯槽に付属備品を入れておきます。運ぶときにフタが開かないように、布テープで止めておきます。
ホース、コードも止めておきましょう。

・テレビ・ビデオなどのAV機器

振動に弱い製品なので、慎重な扱いが求められます。荷物として搬出するときは、毛布で包んで振動が伝わらないようにします。

・パソコン

買ったときの箱がある場合はそれを使います。箱と緩衝材を使って梱包します。
箱を捨ててしまった場合は、プチプチや毛布、バスタオル等で包みます。

PCも振動に弱いので、取扱いは特に注意が必要です。

大型家具・ふとん

・家具

ベッド、タンスのような大きな家具は、ぶつけて部屋にも傷をつけてしまいます。
角にダンボールなどを巻きつけて保護しておきます。

・ふとん

ふとんは最後の梱包になります。その日まで睡眠はとるわけですから。

布団は重さよりもその容量が大きくて大変です。
この場合は、ふとん圧縮袋でコンパクトにすることができます。

ふとん圧縮袋は入れ方にコツがあります。布団は軽いものから順番に積み重ねていき、その上から裏返したふとん圧縮袋をかぶせてひっくり返すようにします。

こうすると簡単に入れることができます。
圧縮袋がない場合には、1~2組でひとまとめにして包むようにします。

布団の中に、割れ物を包む人もいますがこれは非常に危ないのでやめましょう。
気づかずに壊してしまったケースもあります。

自分で梱包するのはどこまで?

どこまで梱包すればいいのか分からない、という方もいるでしょう。

目安として大型家電は引っ越しやさんでやってくれます。

・梱包しなくてもよいもの
テレビ、冷蔵庫、洗濯機、電子レンジ、エアコン
持ち手のある机、椅子

・梱包するもの
プリンタ、電話機、FAX機
アイロン、キッチン用品、CD、DVD

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。