引越しに間に合わないときの対処法

のんびりな人、楽観的な人、見通しの甘い人、普段の性格はそれでもいいかもしれません。
しかし、引越しのときに限ってはその性格は改めた方がいいかもしれません。

スポンサードリンク

maniawanai

小学校の夏休みの頃を思い出してみてください。

しっかりと計画をたてて宿題をやっている人がいる一方で、最終日になって、
ひいひい言いながら、宿題を片付けている人。

学校のテストでも一夜漬けでおこなっていた人は、引っ越しの準備も直前まで
ほったらかしにしておくことが多いのです。

その結果予定通りに進まないし、当日ギリギリになっても梱包が終わらないのです。

だからあなたの引越しは間に合わない!といわれたくありませんよね?

ほとんどが慣れない準備に手間取って、いざ当日になっても片付けができずに引越し屋さんに迷惑をかけてしまうこともしばしばです。

準備万端にしておいて当日を迎えることが大切です。「準備が進まない」「片付けが終わらない」などと土壇場で言うことのないようにしましょう

荷造り、梱包が間に合わない!

おまかせパックのような、業者が梱包をおこなってくれるサービスもありますが、当日になってからでは、受け付けてもらえないケースがほとんどです。
すでに見積もりも終わっているし、業者さんも次の予定がはいっているので、梱包に時間を費やすわけにはいかないのです。

やるべきはどんな形であれ、「梱包を当日業者が来るまでに間に合わせる」ことです。

きれいに分類ができなくても、割れ物、壊れ物だけは別にして、とにかく段ボールに早く入れることを先決にします。新居に到着して、中のものが崩れたりしていてもそれは自己責任ですので仕方ありません。

当日キャンセルは100%費用がかかりますし、業者が到着した時に何の準備もできていないと、多大な迷惑がかかりますし、場合によっては追加料金が発生することもあります。

あとは、時間内に載せきれなかったものを、後日宅配便で送る方法もあります。これも宅配便代が余計にかかりますので、最終手段だと思ってください。

ごみ捨て、粗大ごみ回収日に間に合わない

一般の可燃ごみ、不燃ゴミは週に何回も収集車が来てくれる自治体がほとんどなので、退去日に一番近い収集日に出します。当日に出たごみはそのまま新居に持っていき、そちらの収集所で捨てればいいでしょう。

粗大ごみについては連絡してもすぐに取りにしてくれるわけではありません。1週間以上時間がかかるケースも多いです。

引越し業者の粗大ごみ回収サービスもありますので、利用可能であれば、利用しても大丈夫ですが、やはり金額がかかります。できれば早めに自治体に連絡して持っていってもらうのが、安上がりで直前になってもバタバタしないですみます。

掃除と立会いに間に合わない・・

荷物を搬出したあとの掃除は時間をかけるものではなく、拭き掃除、掃き掃除をさらっとやる程度にしたいものです。そのためには、前日までにある程度の掃除を終わらせておくことが肝心です。

中には、掃除もろくにせずに退去するようなひともいるみたいですが、大家さんに対して悪い印象を与えて、敷金の金額にも影響してしまうので、最低限の掃除はしっかりとおこなっておきたいものです。

ばたばたしない対処法としては、退去日を引越し日ではなく、数日後にするという方法。

引越し業者に対応しつつ、立会いをおこなうのは、けっこう大変なので、退去の立会いを後日にするというのは、落ち着いて対応できるという面からも有効です。遠距離引越しの場合にはこれは使いづらいですが、近距離の引越しであれば、立会日をあとにするのはおすすめです。

新居のカーテンが間に合わないんですが・・・

オーダーカーテンを頼んだのだが、引越し日に間に合わなかった。旧居と新居のカーテンのサイズが違っていた。引越し当日は部屋の中丸見えで過ごす羽目に・・。

そんな場合の対処法です。

面積の大きいロングコートなどの冬服をカーテンレールからぶら下げて目隠しにする

すき間は空いているものの、ロングコート類は面積が大きく少しでも隠れるので、その場しのぎとしてやっておいた方がいいでしょう。

そのままで過ごす

仕方ないので、丸見えのままの状態にしておく方法は、上の階だとまだいいでしょうが、1階だと、ちょっと厳しいですね。女性の方は特に無理でしょう。

段ボールを貼り付ける

外からの見た目は非常に良くないですが、一番やりやすい方法です。当日、もしくは数日間だけだから、見た目の悪さはがまんするしかないです。

バスタオルをぶら下げる

段ボールほど見た目が悪くないです。すき間ができてしまいますので、やらないよりはやった方がまし、というレベルです。

シーツをぶら下げる

面積も大きく、軽いので応急処置としての対処法としては一番やりやすいでしょう。段ボールのような見た目の悪さもそれほどではありません。

間に合わない!から間に合う!にするために

結局間に合わないことになると、業者、自分双方にとってマイナスになってしまいます。

そうならないためが準備が肝心です。

やることリストを作成しておく

ネットにあるやることリストをみてチェックを入れていく、というだけでは十分ではありません。

プリントアウトしてもいいのですが、できれば自分専用のチェックリストを作成して、
(もし時間がなければ既存の物をプリントアウトして専用の項目を付け加えればベター)
終わったことからチェックしていきましょう。

万が一のことを考えて脳内リハーサルしておく

想定外のことが起きる可能性だってゼロではありません。

もしうまくいかないことがあっても、どうすればいいのか、という対処法を考えておくだけで、
気持ちもだいぶゆったりとした落ち着きが出てきます。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。