引っ越しの見積もりはいつからいつまでなの?期間について知りたい

Q,引っ越しを考えています。できるだけ早いほうが見積もりは有利な金額を出してもらえると聞きました。見積もり期間はいつからいつまででしょうか?

スポンサードリンク

 

A、見積りできる期間はきまってないですが、早いに越したことはありません

確かに早い時期に申し込めば早割を適用してくれる引越し屋さんもありますし、予約のとりづらいピーク時、繁忙期であっても、早くに申し込むことによって、確実に業者を押さえておけるというメリットはあります。

そういった意味では早く見積もりをした方がなにかと有利になることは間違いありません。
だからといって、具体的な引越し先も引越し日も決まってないのに見積もりを頼むことは不可能です。

「どれぐらいかかるか概算だけでも」というかもしれませんが、概算と具体的な見積もりとでは、日程も違えば、運ぶものの量も変わってきますので、違った数字が出てくることも多いのです。

ですので、正式に「見積を依頼する」ということで動き始めるのは、引越し先、転居先を決めて、引越し日を決める、この2点が必要です。

引っ越し先の住所と、引越し日の2点が決まれば、さっそく正式に見積もり依頼を引越し見積もり一括サイトにお願いしましょう。荷物の数量についてはまだ概算で大丈夫です。

いつからいつまで見積もりはできるの?

さすがに1年前に、という人はいませんが、早い人だと半年前に引越し会社に見積もり依頼をするようです。ただ、まだこの時期で引っ越しを確定している人はほとんどいないので、まだ焦らないでも大丈夫です。

・半年前

まだほとんど動き始めていませんが、早い人だと具体的な引越し先と引越し日を決めて見積もり依頼を取り始めます。この段階で予約がいっぱいになることはありません。

・3ヶ月前
少しずつ、動きが出てきます。3月末~4月頭の一番の繁忙期では、3ヶ月前の年明け早々に動き始めた方が安心です。

・1ヶ月前
繁忙期では、既に予約がいっぱいになって希望日に引越しができないこともあります。通常期、閑散期であれば、まだ予約は大丈夫なケースがほとんどです。

・2週間前
急いだ対応が求められます。相見積もりでじっくりと比較する時間もだんだんなくなってきます。

・1週間前~3日前、前日
予約をしても、いっぱいでダメな日も出てきます。たまたま空いていたとしても、相手の言い値での価格になってしまい、割引の恩恵が受けられなくなることもあります。
上記でお分かりの通り、引っ越しの見積もりの期間としては半年前から1ヶ月前までに動き始めた方がいいです。もちろん早ければ早いほど、準備も余裕を持って進められますし、早割などの割引特典を受けられる会社もあります。

2週間前、1週間前と間際になればなるほど価格面でのメリットも小さくなることを知っておいてください。前日、当日という即日引っ越しは、対応できないところがほとんどです。緊急対応してくれる場合は、価格が言い値でかなりの割高になることを覚悟してください。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。