引っ越し見積もりシミュレーションで実際のリアルな見積もりの前に概算だけでも知っておこう

「引っ越しをする予定だけどまだ具体的な段階ではない」
「とりあえずの概算だけでも知っておきたい」
というように、実際に引越し業者に依頼をする段階ではない、でもおおよその状況は知っておきたい、というときがあります。そんな時に役立つのが引越し見積もりシュミレーションです。

スポンサードリンク

 

何事も予行練習は大事なのは分かっているけど・・

自分が毎日おこなっている仕事であれば、日々ルーチン化されていることもありますし、ひとつひとつの所作が完全に習慣になっているので、練習や予習の必要はなく、ぶっつけ本番であったとしても、ある程度のパフォーマンスは出せるでしょう。

あとは、人前で見せる仕事の場合だと「リハーサル」という形での練習を繰り返す人が
ほとんどだと思います。

ところが引越しではそれがありません。

引っ越しなんてそうそうしょっちゅうやることではないのにもかかわらず、ぶっつけ本番でやろうとする人があまりにも多いのです。

たぶん、「なんとかなるから大丈夫」ぐらいの感覚でしかないのが正直なところなのでしょう。

まあ、当日になってなんとかしないといけない、というところから、何とかしてしまうしかないのですが、そこには「後悔」の2文字がのしかかります。

「だんどりをしっかりとしておけばもっとスムーズにできたのに」
「もっと安い金額での引越しができるはずだった・・」

というふうに、ほとんどの人が思ってしまうものなのです。

そのためにも、予行演習としてのシミュレーションは必須です。

スムーズで安い引越しを目指すのであれば、妥協はしないで、準備はしっかりとおこないたいものです。

各社から提供される「引越し見積もりシミュレーション」を使おう

大手の引越し会社や大手の賃貸ウェブサイトでは、「引越し見積もりシミュレータ」というものが、サイト上にあります。

引越し日や引越しの起点と到着場所、人数やおおよその荷物を入力するだけで、概算が分かるという優れものです。

「まだ日にちも確定していないし、新居も具体的には決めてないけど、どれぐらいの料金なのか、相場だけでも知っておきたい」という人には非常に便利なサービスです。

メリットとして
・正式な見積もりを頼まなくても、ある程度の金額が分かるので目安にすることができる。

・見積もりを断る気まずさがない。

・匿名でできるので、個人情報を送付しなくてもすみ、電話やメールでの営業にも悩まされることがない。

・登録不要なので、個人情報漏えいの心配もなく、安心安全である。

デメリットとして
・あくまでも概算なので、確定料金とは差が発生することが多い

といったところがありますが、事前にどれぐらいなのかを把握しておきたいという人には非常に便利なものです。料金もかからないですし、引越し業者へ個人情報を出すこともないので、気軽に試してみることができるでしょう。

引越し見積もりシミュレータの比較

■引越し侍
TOPページの左側、オレンジ色で「料金の確認から依頼までネットで完結」の欄から、現住所や引っ越し先の都道府県、引越し予定日、人数を入力して送信することで、相場の確認と予約が可能になります。具体的な住所まで入力する必要がありいっけんめんどくさそうですが、単に相場だけ知りたい、という方は、相場が出た段階で「予約手続きへ」にまで進まなければ、個人情報が送信されることはないので、業者ごとの価格差を調べてみましょう。
入力の手軽さ★★★
概算の正確さ★★★★★
おすすめ度 ★★★★★

■アーク引越センター
https://www.0003.co.jp/estimate/

赤と黄色のボタンがありますが、下記の赤は正規の見積もり依頼用なので、上の黄色のスタートボタンを押してはじめます。
現在地と引越し先(都道府県のみ)
移動距離、車での移動時間、家族構成、
住まいの状況(戸建かマンションか)
キッチン、寝室、リビングの荷物、家具の数量
電化製品、引越しに必要な箱数、
梱包、開梱作業、ダンボールの運び入れの有無、
引越しオプション
エアコン、ウォシュレット、AV機器、テレビの取り付け取り外しの依頼の有無
時間指定かおまかせか
上記を入力することで概算と価格を抑えるためのワンポイントアドバイスが出てきます。
入力の手軽さ★★★
概算の正確さ★★★★
おすすめ度 ★★★★

■福山通運
http://corp.fukutsu.co.jp/moving/
左側の「引越し見積もりシミュレーション」をクリックして見積もりを開始します。荷物と現在地、行き先を記載するだけで概算が算出されます。入力項目が少ない分手軽に使うことができます。
入力の手軽さ★★★★★
概算の正確さ★★
おすすめ度 ★★★★

■引越し大作戦
http://www.eastsidefoodcoop.org/estimate.html
輸送距離、住環境、荷物を入力していくと、下部におおよその料金が出ます。1ページの入力項目はやや多めです。
入力の手軽さ★★★
概算の正確さ★★★
おすすめ度★★★

■引越し料金
http://www.hikkoshi-price.jp/
料金の概算に特化したサイトで分かりやすいです。シンプルな構成になっていて、オプションサービス、距離、引越し予定月、住居環境、心付けの有無を埋めていくと、価格が算出されるようになっています。シンプルであるので、概算に差はでますが、その分簡単に相場を知ることができます。
入力の手軽さ★★★★★
概算の正確さ★★
おすすめ度★★★

引っ越しすることは決めていても、それがしばらく先なので、まだ見積もりを依頼するほどではない、というときがあります。
それでも、おおよその値段でいいから、どれぐらいが相場なのか知りたい、というときにはあらかじめ引越しのシミュレーションをおこなっておく必要があります。

シミュレーションで確認しておきたいこと

現在地
引っ越し先
道路状況
平日か土日か
フリー便か、時間指定か

金額の概算を知っておくことはもちろんですが、荷物や手続きといった準備も山ほどあります。それらのことをシミュレーションしておくことで、余裕を持って引越しに臨めるようになります。

シミュレータを積極的に使って、前もってどういう状況になるのかをシミュレーションして、当日にゆとりを持った引越しができるようにしましょう。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。