即決する?引っ越しの見積もりは、その場で決めてはいけないわけ

引っ越しの見積もり、中でも営業マンが訪ねてくる訪問見積もりの際、「今、決めていただくと、さらに5千円の値引きができます」などと即決の催促をされることがあります。そういった具体的な金額での値引きをいわれるとついつい決めてしまいたくなってしまいます。

でも、ちょっと待ってください。いいなりになってしまって大丈夫ですか?いわれるままに即決してはいけません。

スポンサードリンク

営業マンが引越し見積もりの即決を迫るのには理由があります。

これはお客さんのためではなくて、あくまでも会社都合にすぎないのですが、即決してもらえた場合、そこで契約をおこなって営業マンの仕事は終わることができます。即決してもらえなかった場合だと、相見積もりの値段交渉にも付き合うことになりますし、相見積もりで競わされると、さらに安い価格を提示しなければいけない場合もあります。

また、見積もり書の作成や、場合によっては、もう一度自宅に足を運んで見積もり書のサインであったり、ダンボール資材を再度持って来たり、など複数回足を運ばないといけなくなります。営業サイドとしては、二度手間を省き、その場で決めてしまいたい、という想いがあります。

あとは営業成績に執着がある人もその場で決めさせようとします。仕事熱心といえばいいのでしょうが、営業マンには目標という名のノルマが存在しています。見積もりに足を運んで話しているときが、一番客の気持ちが揺らいでいるときでもあるわけです。そこで、値引きをチラつかせてその場で決めようとするわけです。

他社との相見積もりに持ち込ませたくない

その場で○○円の値引きをします!といえば、誰だって気持ちは揺らいでしまいます。そしてその値段が最安値のような感じもしてしまいます。でも、実は、その価格が最安値ではありません。それを確認するにはその値引き後の値段をもって、他社と交渉すれば明らかになります。

即決の値引きした価格よりも、他社の提示した料金の方が安かった、ということは普通にあります。「即決するとさらに値引きします」という言葉は、そこでしかチャンスがないように思えますし、これを逃せば大変!という気持ちにもなってしまいますが、実はまだまだ安く出せる会社はたくさんあります。

営業マンと話していると判断力が失われてしまいます。おまけに冷静さをもっているような気持ちがしても実際には、その料金が一番安いわけでもなく、他社と比較するともっと安い金額が出てきた!と急いだことを後悔することにもなりかねません。

まずは、一人になって冷静になってから、複数の会社で相見積もりをとってもらってそこから選ぶのが正解です。

即決した方がいいか?もうちょっと待ってみるか?

もしその金額でいいと思えるのであれば、本当に納得しているのであれば、即決してもいいでしょう。しかし、相見積もりを取っている場合は、他社にその金額以下の価格が出せるか聞いてみるといいでしょう。

そして、案外「即決したら値引きします」といわれたいかの金額を提示されることも多いのが事実です。営業マンのいう「即決」という言葉は営業マン自らにとって都合が良い言葉であるということを忘れないでください。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。