引越し後の新居にはまず盛り塩を!正しい盛り塩のやり方について

新しい家に引っ越してきてまずはすべての段ボールを片付けて一息ついた。でも落ち着く前にやっておきたいのが、家の浄化です。

新築の家で部屋をピカピカに掃除しただけでは、浄化したとはいえません。まだ目に見えない「良くない気」が残っている可能性もあります。古い家で、前住んでいた人の気が残っている場合はもちろん、新築であっても、いったん浄化した方がその人の気が家に早く馴染みやすいので盛り塩はおこなった方がいいのです。

スポンサードリンク

morishio

盛り塩は、家や部屋を浄化し、悪運をはらって、良い運を引き寄せる方法の一つです。お金がかからず、即効性があり、効果を期待できるという点では、盛り塩が一番かもしれません。盛り塩の効能については、実に多くのものがあります。厄除け、家や部屋といった場の気の浄化、悪運を祓う、良運を引き寄せます。

場の浄化というのは、トータル面での運勢のアップが期待できるもので、これらは、結果として家庭円満や商売繁盛、仕事運、金運アップにもつながります。奈良時代からはじまったともいわれていて、開運法としては長い歴史をもっているものです。

風水的見地から

風水だと方角であったり、時期であったりと細かいところまで指定されることがあります。
ただ、これは風水の流派によって真逆のことをいっていることも多いのです。

そしてあまり方角や時期を意識しすぎると、身動きが取れず何もできなくなってしまいがちです。そんなときは、基本に立ち返り、もっとシンプルに考えましょう。玄関周りをきれいにして、両脇に盛った塩をおく、これだけです。

どんな塩がいいの?

食卓塩などは避けて自然製法で作られたものを使った方がいいです。高いものでなくてもかまいません。神社やお寺祈祷された盛り塩専用の「清め塩」というものも存在していますが、値段もやや高めになってしまうので、無理に使う必要はありません。伯方の塩を使っている家庭も多いです。

いつまで置いておく?

最低でも1週間は置いておきましょう。そして1週間たったら取り替えます。古い塩は普通に捨てるか、水に流すかします。良い気を吸い込んでいるわけではないので、食用は避けてください。引っ越してから1ヶ月間続けられたら十分です。

盛り塩の正しい仕方を覚えておこう

盛り塩にこまかいやり方はありませんが、基本だけはおさえておきましょう。一番大切なのは、「盛り塩」というだけあって、山のような形状にして盛っておくことが大切です。円錐、四角錐、どちらであっても、多少形がいびつになっていても大丈夫です。形を整えたいのであれば、
水気を含ませると固い感じになって、形が作りやすくなります。
そして、下は陶器の器を用意しますが、高いものでなくてもきれいにしてあればOKです。
ただし、プラスチック製のものはやめましょう。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。