引越しを機に契約していたNHKを解約したい

「引越しをする予定だが、ちょうどいいタイミングなので今まで契約していたNHKを解約したい」
という方がけっこういるようです。

スポンサードリンク

nhk

引っ越すから良いタイミングだと考えている人が多いようですが、引越しそのものがタイミングということはなく、持っているテレビを廃棄するのがタイミング、ということです。

ちなみに引っ越しても住所変更はおこないますし、契約担当者が来ないということはないです。どこの世帯であっても必ず来ると考えてください。

荷物を少なくしようと考えているミニマリストの人は引越しを機にテレビを廃棄することを考えてもいいでしょう。

ミニマリスト、シンプリストとしてテレビを見ない、持たないという選択肢は十分にありだと思います。

現在のテレビは見ていてその人の人生にプラスになる情報は残念ながら、まったく配信されていませんから。

それだったら、本を読んでいた方がはるかにその人にとってのプラスになることは間違いないです。

■廃棄証明書は必要?

「テレビを捨てました」といえば、NHK側は

「それでは廃棄証明書を提出してください」といってきます。

実際に廃棄物として処分したのであれば、各自治体の発行する廃棄証明書を提出すればいいわけですが、

友達に譲った。リサイクル業者に引き取ってもらった。ヤフオクで売ってしまった。

というのであれば廃棄してないのですから、廃棄証明書はありません。

その場合には、「家、部屋にテレビがない」ということを証明する必要があります。

実際には、NHKの人間に対して、部屋に上がって中を見せる、ということはする必要はありません。

警察の捜査令状のような強制力はないので、強引に上がってくることはないのですが、実際にないことをはっきりと相手にわかってもらうためには、一度部屋に上げて確認してもらうやり方もあります。

そうやって確認してもらってから、解約書類をもらってください。

■テレビはあるけど支払いたくないという方が増えている

上記に書いたのは、「本当にワンセグを含めたテレビ自体がなくてNHKを全く見ない。だから受信料も払う必要がない」
という人のためのものです。

最近は、解約をしようとする人があまりに多いため、NHKもそうはさせじとあの手この手を使った防止策を講じているわけですが、

「テレビ自体がなくて解約する」というのは、真っ当な意見であるので、NHK側も応じざるをえません。

問題は「テレビはあるけど支払いたくない」という方です。

「NHKは見るけど支払わない」というのは、それは違うと思いますのでここでは触れません。

「テレビはあるけど、見るのは民放とDVDだけでNHKは見ないので払いたくない」という人もいます。

NHK側としては、「実際に受信ができるわけだし、NHKを見てないことを証明できないから、それはむり。」という話しになります。

■最近は不払い希望者が増えている

でも、やはり払いたくない、という人はいるようです。

NHKに対する反対運動で、受信料の不払いの動きが以前にも増して多くなっているようです。

本来の有るべき姿とは異なる立ち位置で、国民の本当の意味での利益になるとは思えないような放送を続けるNHKには、「もう受信料なんか払いたくない」という考えになることも自然かもしれません。

籾井勝人会長の特定秘密保護法、竹島・尖閣領有問題、韓国慰安婦問題について公人として発言をしなければいけない場で私的な暴言を吐いたり、番組制作費着服問題、百田尚樹氏、長谷川三千子氏の問題など数えればきりがないほどです。

今まで払っていた人も、引越しというタイミングで支払いをやめたい、解約したいと思われるでしょうが、「引越しするから解約する」という話しでは相手は納得してくれません。まあ、当然ですよね。

■自己責任での解約をおこなう

そこで解約の手順を。
1、0120-151515に電話します
NHKの放送受信料にたいする受け付け電話です。

2、お客様番号、住所、氏名、電話番号をオペレータに伝えます。

お客様番号は請求書に記載されているので、それを確認すれば大丈夫です。
万が一伝票の紛失などで分からなかったとしても、
住所、氏名、でオペレーターは対応できます。

3、「支払方法をコンビニ払いに変更します」と伝えます。
現在は銀行の自動引き落とし、クレジットカード払いにしている方は、
コンビニ払いに変更と伝えるだけで大丈夫です。
2、6、12ヶ月払いがあるので「2ヶ月にします」というだけでOKです。

4、そしてあとは支払わない

という流れです。
これに関しては、私がおこなっていないので何ともいえませんが、あくまでも自己責任ですね。

それでも心配・・、という方のために下記にNHKの受信料を支払わない、支払う意思がない、今まで支払ってきたけど解約したい、という方のための参考になるリンクを貼っておきます。

NHKから国民を守る党
http://nhkkara.jp/rule.html
元NHKの立花孝志氏が代表を務める。
NHK撃退シールというものを無料配布しています。

「NHKの受信料を払わないための合法かつ超絶に簡単な方法を実行した」

「簡単な3ステップでNHK受信料を不払いにする方法【既契約者向け】」
http://matome.naver.jp/odai/2142621678448793001

「受信料裁判」の傾向と対策/受信料滞納の時効は5年です
https://sites.google.com/site/nhkhack/home/sosho

■まとめ

・NHKを見るのであれば、やはり受信料はしっかりと払うべき
・テレビを受信できるけど見ない、という方でも方法はあるがそれは自己責任
・現在のテレビは自己成長の観点からは、役に立たない情報しか流していない
・ミニマリスト、シンプリストとしてテレビを持たないのが一番。受信料を払わないのも正当な話だし、テレビを見ないことで大切な時間を浪費しないですむから。

いろんな意見があるとは思いますが、テレビが時間を浪費するものだということを認識していれば、テレビ自体をもたなくてもいい、という発想になってきます。

私としては、テレビを持たず、正当性を持って支払わない、というのが一番だと思います。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。