ニトリの家具の評判ってどう?

「お値段以上」のCMで有名な家具販売チェーン店ニトリ。

家具で最も馴染みのある学習机は年間7万7千台の販売、全国シェアの10%を締めています。これは日本一の販売数をほこっています。

スポンサードリンク

各店舗の構成は2つ。家具・インテリアを中心とする「ホームファニチャー」。そして、ファブリック、雑貨・日用品、家庭用品を中心とする「ホームファッション」です。nitori1

リビング・ダイニングから寝室、キッチン、お風呂、トイレまで、私たちが普段使用する日用品は、種別や素材を超えたコーディネートで取り扱われています。

カーテンやカーペットだけでなく、インテリア用の小物や食器やソファ、ベッド、学習机などもふくめて、私たちの暮らしに関するさまざまな箇所まで合わせてくれるもの。

それがニトリの「トータルコーディネート」です。家1軒全ての空間をニトリがトータルコーディネートするという商品構成思想の基にあります。

また魅力は多種多彩な商品種類だけではありません。

開放感ある店舗では、私たちがデザインしたい部屋をイメージしやすいようにモデルルーム形式で展示しています。

その種類は、カジュアル、モダン、クラシック、カントリーなど、実にさまざまなジャンルで見るだけでも想像が膨らんでくるでしょう。

ニトリは店舗販売だけでなく、気軽に利用できるネットショッピングも展開しています。

CMで歌われる「お値段以上。ニトリ」を裏切らないリーズナブルな価格設定と信頼ある創りがとても魅力的ですね。

値段も安いので、独り暮らしをしている方には、懐にも優しくて心強い存在です。

■今後は値下げから値上げ戦略へ

2014年にニトリ社長による戦略が発表されていました。

従来のニトリは値段の安いことが、差別化となっていましたが、今後は逆に値上げを段階的におこなっていき、それにともない商品の品質もレベルアップしていくとのこと。

値段だけで選んでいた人にとっては、選択肢から外れていくかもしれません。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。