ニトリの軽量敷きふとんと温度調整掛ふとんを使い始めて1年

引越しは、物を捨てたり新しいものにチェンジする絶好の機会です。壊れたものや明らかに使い勝手が悪いものであれば、普段のときでも買い替える、という選択もありですが、そうでもないものだとなかなかふんぎりもつきません。そのいい例がふとんです。

スポンサードリンク

image

(もう、ふとんはしまわなくてもいい)通年で使えるのがウリです。

 

掛け布団や敷きふとんは長期間使い続けているとヘタってくるという点では消耗品にいれてもいいかもしれませんが、それでも長期間使うこともできるので、ダメにならない限り布団を丸ごと換えよう、という発想にはならないでしょう。

でも、ちょうど今回引っ越しをするにあたって、敷きふとんと掛け布団を交換してみようと思いました。

もう10年以上も使っているものですし、まだ使えないこともなかったのですが、荷物として新居に持っていくのではなく、これを機にまっさらな布団にしようと考えたのです。

新居に住み始めて新しく購入したのが、ニトリの軽量敷きふとんと温度調整掛ふとんです。

ちょうど家の近所にニトリがあったのと、値段も安くてなかなかお手頃だな、と感じたからで特別ニトリに思い入れがあったわけではありません。

ニトリには掛け布団、敷きふとん、枕、それぞれたくさんの種類がある中でどれを選ぶか

他の家具店にもいえますが、同じフロアにさまざまな種類の物があって「いったいどれを選べばいいの??」と悩んでしまうこともあるでしょう。私も悩みましたが、自分が優先したいポイントは何か?を軸にすえて選ぶと失敗が少ないと思います。

軽量敷きふとん

通常の布団よりも確かに軽いですおそらく半分近くまで軽量化されているのではないかというぐらい軽いです。
毎日の押入れへの出し入れも簡単にできます。腰痛持ちの人、女性や子供、年配の人で布団を上げるのに苦労している人は購入されてもいいでしょう。欠点としては、敷きふとんとしては若干厚みにかけるため、人によっては、下にマットレスが欲しくなるかもしれません。あと軽い分ホールド感がなく、布団がずれる(といっても人によっては気にならないレベルかもしれません)感じがあるため、眠りにゆったり感を求める人は、もう少し厚めの布団がいいでしょう。

image

温度調整掛ふとん

ニトリでは他にも複数の掛け布団がありました。2枚重ねや値段の高い羽毛布団もあった中であえて温度調整掛け布団をセレクトしました。

あたたかさレベルは2~4と書いています。

でもこの数字だと実際にはどれぐらいのレベルかわかる人ってほとんどいないのではないでしょうか。実際に他のメーカーではこのレベルなんて書いていないですし、ニトリの他の製品でも記載のない掛け布団も複数あります。
他の掛け布団と比べて、少し薄手なのが気になりましたが、冬だけでなく夏も使えるということとが決め手になりました。実際には薄手でもそこそこ暖かく、夏場でも真夏のような熱帯夜でなければ使えなくはないです。ただ真冬はこれだけだとやはり寒いです。厚手の冬用掛け布団を使っている人だったら、これだけだと寒さに我慢できないでしょう。その場合結局もう1枚追加の毛布が必要になってきます。

 

真冬だとこの布団だけだとちょっと厳しいです。真冬用でニトリで選ぶのであれば、あたたかさレベル5の「吸湿発熱掛ふとん」の方をおすすめします。

使っている人の評判はそこそこ高いですが、確かに値段も高くないこともあり、コストパフォーマンスには優れている感じはします。

昔使っていた布団に比べるとだいぶいい感じで安眠ができるようになりました。

引越しで布団を持っていくのが面倒という人は、思い切って新しいものに変えてみるのも悪くないでしょう。

image

ベッドパッド

image

温度調整ベッドパッドも販売されています。普段使われている敷き布団の上に敷いて使うこともできます。上下挟むことでより暖かさが持続します。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。