引っ越し祝いで気をつけるべきこととは

身近な人が引越しした際に贈るのが引越し祝いですが、そうそう自分の引越しの機会もないだけに、贈るときやもらう側のルールやマナー、タイミングを知らない、という人も多いようです。

ここでは、そんなときのためのもらったとき、贈るときには何をしたほうがいいのか、やってはいけないことは何か?といったことをお伝えしていきます。

スポンサードリンク

present

贈る側として気をつけておくこと

どんなに親しい仲であれ、引越しのたびに必ず贈らなくてはいけない、という性質のものではありません。

仕事での転勤だったり、単身赴任、といったときにはお祝いは必要ありません。

基本的におめでたい引越しのときに贈るものだと考えてください。

新しく一戸建てを建てた
マンションを購入した
結婚した、子供が産まれたので、新しく新居に移った

といった人生の節目にあたるおめでたいときに贈るものです。

一般的には、両親や兄弟、姉妹といった当人に近い関係の人が贈るものであり、会社関係や仕事上での付き合い、友人知人といった友達関係であっても、そこまで親しい関係でなければ特に贈る必要はありません。

引っ越し祝いのパーティなどで御呼ばれした際には、伺ったときに、手渡しした方がよいです。

引っ越し祝いの金額の相場ですが、予算2千円~1万円前後が多いです。値段が高ければいいというものではありませんが、相応の物を準備しておきたいところです。

引っ越し祝いに贈ってはいけないもの

贈ってはいけないとされるタブー品がありますので、特に注意しましょう。

赤いもの

赤色が「火=家事」を連想させるので止めた方がいいでしょう。
赤い花、赤い服、赤系のネクタイなど赤色を使っているものってけっこうあります。

火を発するもの

ライター、キャンドル、などは火を発するのでやめましょう。
アイロンなども火災の原因となるものなので、避けた方がいいです。

あまり喜ばれないもの

タブー品ではありませんが、喜ばれない場合が多いです。

壁に掛けるもの

できるだけ新築の壁には穴を開けたくない、という気持ちを考えれば、
絵画、掛け軸、掛け時計類は避けた方が無難です。

場所を取ってしまうもの

自分たちのスペースを考えている矢先に、場所を取ってしまうものは好まれません。

置物は個人の好みもあります。ソファやインテリアなどは本人が欲しい、といわない限りは、やめておきましょう。観葉植物も場所を取るので、むしろ小さい花、フラワーアレンジメント、
ブリザードフラワーの方が喜ばれます。

無難なもの、喜ばれるもの

一番無難なものとしては、カタログギフトです。あとは、お菓子や洗剤など普段使いで消費してしまうもので、形に残らないものが喜ばれます。商品券、図書券、ギフト券は無難ですが、使えるものなので喜ばれます。

もらった後のお返し品について

引越し祝いをもらったら、お返しをおこないます。

よく「引越し内祝い」といいますが、本来の内祝いは「内輪のお祝い」の「内」を指しているのですが、最近では、お返しのことを内祝いという人も増えているようです。

その金額ですが、目安として、「半返し」といって、もらったのものの約半額程度のものを返すのが慣例となっています。

返礼品についての大きな決まりはありませんが、たとえばギフト券でもらったものをギフト券で返す、図書券でもらったものを図書券で返す、といったように、半返しの金額が見えてしまうようなものは慎んだほうがいいでしょう。

引っ越し祝いの贈り物ランキング

プレゼントとしてよく用いられているランキングです。個人の嗜好によっても異なりますが、目安として知っておくといいでしょう。
1、現金、商品券、図書券、ギフト券

一番無難でもあり、喜ばれます。商品券はデパート系のものが多いです。

2、家電

ホットプレートや、IH調理器、ミキサーといったキッチン家電製品が定番品です。既に持っているものだと逆に喜ばれないので注意。親しい仲であれば何が欲しいのかを直接聞いても大丈夫です。

3、食器

かつては幅広く利用されてきた定番ギフトですが、好みがあり、使われないことも多いので、
最近では人気が下火になりつつあります。もらったまま、そのまま物置の奥に眠ったまま、なんてことも。

新築祝いで引越しされた方へのメッセージ文例

お祝いを贈るのが遅くなってしまいましたが、
この度は、お引越しおめでとうございます。
皆様のご健康とご多幸を祈念いたします。

ご新築おめでとうございます。
ご家族の幸せがこれからもずっと続きますように。
皆様の幸せを心から願っています。

ご新築おめでとうございます。
ついに夢がかないましたね。
ご新居の完成を心からお喜び申しあげるとともに、
皆さまのご多幸をお祈りいたします。

引っ越し祝いは特に注意すべきタブーさえ守っていれば、大きな問題になってしまうことはありません。なによりも大切なのは、相手のことを思う気持ちです。それがこもっているプレゼントであればきっと喜んでくれるに違いありません。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。