引越しに万年青(おもと)を贈る習慣の深い意味とは?

万年青ってあまり聞きなれない言葉だと思います。これは「おもと」という植物の一種です。
実は日本では昔からの風習で「引越し祝いとして”おもと(万年青)”を贈る」という風習があります。

スポンサードリンク

omoto

おもとを家におくことによって、その家にとっては大きなプラスを呼び込むことができると信じられていました。

江戸時代初期の風水が由来、起源だともいわれています。

贈り物としても、よく使われていますが、引っ越しの際には搬入のときに一番最初に運び込んで配置するとその家が安泰になるともいいます。

「おもと」の由来ですが、日本独自の指揮を通じてご縁を持ち、その大きくしなやかな葉っぱが冬の寒さや夏の暑さからも守ってくれます。

家に置くことで、家に入ってくる災難を未然に防ぎ、庭に植えることで、本来の木の流れを取り戻し、運気を回復し、家の繁栄につながる、といわれています。

徳川家康が江戸城に入城する際に、床の間に飾っていたとも言われ、その後の徳川家の江戸幕府が長く安泰だったことから、万年青を引越しや転居の際に使う風習が、大名をはじめとして、全国の一般民の間にまで広がり、今に至っています。

おめでたいおもと(万年青)

おもとは家に飾っておくことで、繁栄はもちろんのこと、家族の健康やしいては不老長寿に導くといわれており、非常に縁起のよい植物とされています。

花言葉は  「長命長寿」 「母性愛」 「崇高な精神」 です。特に「長寿」といわれるように、縁起物としても人気が高く、お祝いとしてもよく贈られることがあります。他にも観葉植物はたくさんありますが、やはりおもとの人気は高いものがあります。

漢字では「万年青」と書きます。文字通り青々としていて、 春夏秋冬いつになっても色あせずに、鮮やかな緑を保ち続けていることから、「万年青」と書かれるようになり、贈り物としても縁起物として人気が高いのです。

引っ越し祝いでは、観葉植物については賛否両論あります。

やはり「場所を取るからいやだ」という意見が多いです。今の引っ越し事情をみても、狭い住居だと仕方ない・・、という部分もあります。

でも、せっかくですから観葉植物を育てる、という決断をされてみてもいいのではないでしょうか。

せっかくの新居でもあるわけですし、そこで万年青を育てることが、心のゆとりを生み、その小さいことがだんだんと循環してプラスになるような気もします。緑が部屋にあることで気持ちもリラックスすることは疑いようがありません。

部屋の片隅、家の片隅にある万年青がやがては運命をも良い方向に変えてくれるかもしれませんね。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。