パソコンの処分で迷わずにやっておきたいこと

新しく買ったPCも数年たてば、型落ち品となり、性能も劣ってきます。

そこで不要になったあなたのパソコンも早めに処分してしまいましょう。

スポンサードリンク

パソコンはデスクトップ、ノートといったその大きさには関係なく、一般ゴミとして捨てることはできません。
「パソコンの正しい処分方法」と「捨てる際に気をつけることと注意点」をみてみましょう。

a0002_009635

1.PCを捨てる前に準備しておくこと

一番の注意点がHDD。すべてのPCには「ハードディスク」が内臓されています。

この中は、たくさんの貴重なデータや機密の情報が含まれています。

メールアドレスや写真だけでなく、SNSやブログのIDやパスワード、個人情報が書かれた登録情報、検索履歴、
カード情報、仕事の資料、契約関係の書類、恋人や家族と撮った写真。メールでのやり取り。
一台の小さいパソコンの中にも、とてつもない膨大な情報が残されています。

まさに個人情報の塊だともいえますが、これを一般ゴミとしてそのまま捨てるのは非常に危険な状況です。

悪意を持った人物がその捨てたはずのPCから個人情報を盗み取ったことも、実際に事件として起こっています。

廃棄処分の前にはデータの完全削除をおこなおう

パソコンを廃棄する前には、PCに残されたハードディスクのデータを「完全に消去」しておきましょう。
データ消去専用のソフトが複数ありますし、それぞれのパソコンの説明書にもデータを消去する方法が書かれています。
有料のソフトだと、より確実に消してくれますが、現在ではフリーソフトもありますし、それでの消去でもかまいません。

「パソコンの説明書を紛失された」という方もけっこう多いのですが、

型番で検索してみると説明書がメーカーサイトにあります。

現在では、説明書、マニュアル専用の(ユーザーのために)ダウンロードページを設けてくれていますのでなくされた方は
利用しましょう。

データ削除の方法が分からない、自分ではできない場合

PC初心者でデータ削除の方法が分からない、という場合はメーカーに直接相談をするか、パソコンショップの下取りコーナーで担当者に相談をしてみましょう。
またパソコンの下取り、買取業者では、無料でデータの削除をサービスでおこなってくれます。(有料のケースもあります)
HDD破壊サービスといって、目の前で物理的に破壊をおこなうサービスもあります。
実際に自分の目で確認しないと心配、という方はこれらのサービスを使うのがいいでしょう。

2.PCの処分をおこなう

では、実際に処分をおこないましょう。
パソコンを処分するには、次の方法があります。

・パソコンメーカーに回収を依頼する(無料・有料)
・各自治体の指定する方法で、リサイクル回収を依頼(値段は安いですが有料)
・パソコン買取業者に依頼する(無料+買い取ってもらえる)
PCメーカーに回収を頼んだ「PCリサイクル」のシールがあれば、回収してもらえます。
ただし、回収が無料だとしても送料は負担する必要があります。

パソコンの大きさにもよりますが、リサイクルマークのないパソコンは有料となります。
デスクトップのような大型のものほど、回収費用が高くなります。

3.PC回収と処分費用を無料にするワザがあります

パソコンを処分する場合、何も考えずに処分、廃棄にしてしまうのは、もったいないです。
パソコンはパーツにもよりますが、中には有料での買取りが可能なものもあります。
年数が新しい、人気の新古品だと買い取ってもらえることもあります。
Mac book airなどは箱があると値段も変わってきます。

パソコン買取業者に依頼する

買取のできる家電・パソコンの中古買取業者であれば、不要なパソコンを売ることができます。
高値ではなくても、有料での廃棄よりは、まだましだという方もいるでしょう。
ハードオフ、ソフマップでは専用のコーナーがあります。

買取のできないパソコンでも、その場合は無料や格安で回収・処分をおこなってくれます。
もちろんHDDのデータ削除もちゃんとやってもらいましょう。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。