猫の引越しの注意点

神経質な猫の引越しは、ペットの中でも特に注意しなければいけません。人間には分かっていても、猫にとってはいきなり環境が激変して「???」と不安になってしまうものです。

特に、「犬は人に付き、猫は家に付く」ともいうように、性質上環境の変化を非常にいやがります。今まで住んでいたところの縄張りやテリトリーは何よりも大切なものなので、引越しの際も猫の気持ちになって丁寧に扱ってあげることが重要です。

ストレスや負担をかけない引越しのやり方をおこないましょう。

スポンサードリンク

a1180_006902

引っ越し前にやっておくこと

やることがたくさんある引っ越し前の準備。猫のことはついつい後回しになりがちです。だからこそ当日になって慌てることの内容に事前にしっかりと準備しておきたいものです。

猫用ケージを準備しておこう

猫用のキャリーケージがあると便利です。大きさもいろいろありますが、持ち運びできるタイプのキャリーバッグです。

ポータブルキャリーケージは収納ケースがそのまま目隠し代わりになるので、あらたに布をかぶせるなどの手間がかからず便利です。

もちろん引っ越し作業の最中も中に入れておくことで作業に集中できますし、引越し後はトイレケージとして使うこともできます。

移動中におしっこやうんちをする可能性もあるので、下にトイレシーツは敷いておくようにします。

トイレ砂や布、おもちゃなど自分の匂いのついているものを用意しておく

慣れ親しんだもの、特に自分の匂いがあると猫は落ち着きます。トイレの砂であったり、寝床の布、お気に入りのおもちゃなど自分の匂いが残っているものを用意しておくことで不安が減り、安心します。

準備しておく荷物一覧

・ワクチン証明書と健康診断票
・移動用のキャリーバッグ
・お気に入りのおもちゃ、
・自分の臭いのついた毛布や寝床
・名札と首輪
・キャットフードと食器
・トイレと砂

引越し当日の注意点

引越しの日は、てんやわんやの大騒ぎになります。猫にとっては、平穏な日が突然崩されるはたまったものではありません。
当然引越しの意味など分かるはずもなく、ただ恐怖と不安が増すばかりです。そのため、引越しの喧騒から少しでも隔離する必要があります。その日だけの「猫の部屋」を用意しておきましょう。
猫の専用部屋の引越し用具などは、部屋の外に出しておくことで、猫の部屋でドタバタすることがなくなります。

猫が恐怖を感じてドアを開けた瞬間に逃げた!なんてこともなくなります。猫部屋には、水、えさ、トイレ、ベッドストレス解消のおもちゃを用意しておき、人が入らないようにしておきます。

引越し屋さんには猫がいることを伝えておく

お風呂場や押入れ、荷物の移動のない静かな部屋に避難させておきますが、猫がいることは業者の方にはしっかりと伝えておきましょう。

いることに気が付かないでドアを開けてしまうかもしれませんし、びっくりしたはずみで脱走することもあります。間近で作業の大きな音をたてることもあります。一言いっておくだけで、気をつけてもらえるのですから、いっておいたほうがいいです。

猫を避難させておく

見知らぬ何人もの作業員がせわしなく動き、家の物が次々に動かされ、ひっきりなしに大きな物音・・・
引っ越し作業は猫にとって、とても大きなストレスがかかってしまいます。

不安な思いをさせないためにも、目の前のバタバタと大きな物音、視覚と聴覚への刺激は避けるようにしましょう。物の移動の少ない浴室か暗くて喧騒から離れた押入れがおすすめです。

ポータブルゲージにいれておけば、ドアを開けたはずみに飛び出すこともないですし、移動も便利なので、いれておくと安心です。

移動手段を考えておく

なるべく飛行機は避ける
猫の引越しは、飛行機の移動は避けた方がいいでしょう。

とはいえ、海外などの長距離、遠距離は飛行機で移動しなくてはいけないケースもあります。

その場合、なるべく早く(できれば1ヶ月以上前)に航空会社に問い合わせをおこないます。
猫の種類によっては、飛行機に乗せられないこともありますので、注意しましょう。

機内持ち込みがベター
猫は機内持込がいいです。(航空会社によって持ち込みできないところもあります)
到着してからの時間節約にもなりますし、紛失などの事故もないとは限りませんのでその防止、離着陸時には急激な気圧の変化でストレスがかかりますので、猫の不安感を減らしてあげることも大切です。

乗継便ではなくノンストップの直行便で
かかりつけの獣医さんがいる場合は、事前に相談して飛行機に乗せても大丈夫か確認してもらうといいです。

自家用車だと一番安心
自分の車で行くのが安心できるでしょう。安全のためには、慣れていたとしても、猫用キャリー、ケージに入れておいたほうが安心です。

急に運転している飼い主に飛び乗ったりして、事故になったケースがあります。自動車での移動に慣れていない猫の場合、乗せたとたんに泣くことも多いです。

2時間以内だったら、ノンストップでも大丈夫です。エサ、水もいらないでしょう。よくお腹がすくから、と乗せる直前にエサを与える飼い主さんもいますが、これは間違いです。

猫も乗り物酔いすることもあるので、吐いて水分まで出してしまうことがあります。2時間前からエサは与えないでください。

車内に置き去りにしてはいけない
以前パチンコに夢中になっていた親が子供を放置して死なせてしまったケースがありました。
特に夏場は車内の温度は40度を超えます。「短時間だから・・」という気持ちも厳禁です。短い時間でも温度は急激にあがってしまいます。

ペット輸送サービスを使う方法も
一般の引越し業者でも猫の引越し対応は可能ですが、スタッフがアルバイトさんだったり、経験が少ないとどうしても対応が雑になってしまうことがあります。その点猫や犬などペット輸送を専門にしているところは専用の収納ケージを持っていたり、猫にストレスがかからないやり方を心得ているので安心です。

作業に専念したいのであればペットホテルもあり
引っ越しのときに一時的にペットホテルに預けておく方法もあります。

引っ越し作業の大きな音が特に猫は苦手なのですが、一時的に退避させておくことで必要以上のストレスから逃れることができます。身近に猫のことを良く知っている知り合いや親戚、友達がいればそこに預けておいてもいいでしょう。

作業が終わって連れ出すときは外の変化を見せないように
引っ越し作業が終わり、ガランとなった部屋。
猫は、見ていないようで意外にしっかりとみているものです。家の中だけがテリトリーの飼い猫にとっては、家の中のものがすべてであるので、自分が慣れ親しんできた部屋の様子ががらりと変わっていたら、不安に感じてしまうものです。

家から連れ出すときは布を被せるなど目隠しをして不安を減らしてあげる心配りをしましょう。

引越し後の注意点

引越しの当日、荷物などが運ばれてドタバタしている中に猫を置くのは避けましょう。緊張、興奮したりして、ドアが開いた隙を見て逃げ出す恐れもあります。

出来れば荷物が入って、片付いた部屋に猫を連れてくるのがベスト。猫の落ち着くところを用意しましょう。

バスルーム、または寝室がベストです。

引越し後、なかなか家が整頓できないかもしれませんが、バスルーム、寝室を先に片付けて、トイレ、エサ、水など、猫に必要なものを置きます。

そこに、猫を一時的においておくのです。

騒がしいところからは、できるだけ離しておきましょう。ベッド、水、えさ、爪とぎ、トイレを全て置いて、ドアを閉めておきます。

トイレのおしっこの匂いや、普段遊んでいるおもちゃなど、自分の匂いのついているものを置いておくことで、落ち着かせることができます。

家財道具はできるだけそのまま

猫は家具にも記憶を残していますし、自分の匂いをつけているものもあります。もちろん処分する予定の大型家具を猫のためだけに持っていくことができないのは分かりますが、小さいものでしたら、買い替えるのをしばらくやめて、猫が落ち着くまで様子をみてもいいでしょう。
お気に入りのおもちゃは古いものであっても、しばらくそのまま置いてあげた方が安心します。

飼い主のストレスは猫に伝わる

猫や犬といった動物は人間以上に感情に敏感なものです。
言葉が伝わらない分、喜怒哀楽の感情はダイレクトに感じてしまうものです。
飼い主が不安だったら、猫もその不安感を感じてストレスを感じてしまうものです。

老猫には特にきをつけて

猫の寿命は13~15年ほど。7,8歳ごろから老化の兆候があらわれてきます。10歳あたりから老猫(読み方は”ろうねこ”ではなく”ろうびょう”です。詩、俳句では”おいねこ”と読むことも)といわれます。人間のお年寄りと同じだと思ってください。

年老いた老猫は、環境の変化に慣れるまで時間がかかります。おじいちゃん、おばあちゃん猫は引越しして間もなく亡くなった例もあります。やはり環境の変化のストレスが少しは関係しているでしょう。特に慎重に取り扱ってください。

年寄り猫はあまり動かない分、身の回りのものを昔から使っているものを置いてあげることで、逆に変化をあまり感じずにすむケースもあります。

新居では猫を飼えないという人

置き去りにするのは絶対にダメです。引き取ってくれる人を探すか、自分で最後まで面倒をみるかのどちらかです。飼い主としての責任を果たしましょう。

それでもどうしてもやむを得ず・・、という場合は、静岡県磐田市にある「NPO法人ねこホーム」のように飼えなくなった猫と飼い主ををフォローする団体もありますから、そういったところに連絡をしてみてもいいでしょう。
ただし、これは最終手段であって、本来は生涯にわたって面倒を見ることが飼い主としての務めです。

こんな症状がでたら・・?

猫は環境の変化に非常に敏感なため、新居についてから普段とは違う反応や症状、仕草を示すことがあります。
慣れるまでは元気ない感じですし、逃げたり、脱走を企てようとすることもあります。食欲不振になることがあります。

・食欲不振でご飯やエサを食べない
・水を飲まない

猫の一番の好物を置いておきましょう。少しでも食べた形跡があるのであれば大丈夫です。
壁紙に猫の匂いをつけておくことで、心理的にリラックスします。
時間とともに、少しずつ食欲は回復してきます。

・便秘になる、トイレをしない、うんちやおしっこをしない

便秘はまだ大丈夫ですが(食事をとらない場合必然的に出るものがなくなるため)、24時間以上おしっこをしないのは問題です。

・夜になると鳴く、夜鳴き
元々夜行性でもありますが、夜中の夜泣きが多くなる傾向があります。

最初の1週間ほどは落ち着きがありませんが、その期間をすぎると、ちゃんと馴染んでくれるケースがほとんどです。

他の症状としては

・よだれが出る、あばれる、うるさい、落ち着かない

・呼吸が荒く、過呼吸の感じがある

・血尿

・ひきこもりになって隠れる、動かない

・マーキング、スプレー行動

といったものがあります。血尿については、動物病院に行った方がいいですが、それ以外については、数日間の様子見で次第に落ち着いてくることがほとんどです。

■落ち着かない時に手早くできる対処法
時間が経てば慣れてくるとはいえ、移動してすぐの興奮状態はなかなかなだめるのが大変かもしれません。そんな時に使われる方法です。

バッジフラワーレメディ

元々は人間の癒し用として使われてきたレスキューレメディですが、最近では、犬や猫用のバッジフラワーレメディも販売されています。効果は比較的穏やかで、効果のあがる割合がそれほど高くなく、レメディを間違えることで逆効果になってしまったという例もあります。

ワイルドオート(メンタルの安定と落ち着き)
ホワイトチェストナット(ネガティブ面の改善)
ウォルナット(昔の習慣からの脱却)
バーベイン(心の落ち着き)
ロックローズ(恐怖と不安からの解放)

効果や効能は微妙に違っていますが、興奮状態を沈めて落ち着きが出る点は共通です。

またたび

「猫にまたたび」とも言われるように、猫にとってのごほうびの意味合いが強いまたたび。
猫に与えると、身体をこすりつけてきたり、くねくねさせたりして軽い興奮状態になります。

これは中に含まれているるアクチニジンやマタタビラクトンといったの成分が、脳の中枢神経を刺激しているからです。猫によっては、興奮しているときに嗅がせることにより、けんかや鳴くのをやめたりすることがありますが、まったく反応しない猫もいます。

フェリウェイ
またたびに近い効能があります。猫のフェロモンを再現しているということで、匂いをかいでしばらくは改善することもみられますが、しばらくたつと元通りになってしまうことも多いです。

またたびで効果のない猫はフェリウェイでもあまり効果がないことが多いです。

■動物病院で処方されるフェリウェイは実は通販でも入手できます

おもらしなどの粗相、威嚇については、環境の変化にまだついていけていないので興奮状態にあります。またたびを置く方法もありますが、これは性的興奮をうながすのであまりおすすめできない、という意見もあります。獣医さんがよくおすすめするのが、ビルバックのフェリウェイ。
猫用のスプレータイプがありますが、一定数の割合で効果はあります。ただ、個体差があって、まったく効かないこともあります。そもそも住環境の変化による興奮状態ですから、ある程度の時間をおくとだんだん落ち着いてくるものですが、それでも興奮状態がひどいときには使ってみる価値はあります。動物病院に行かなくても、アマゾンなどの通販での購入も可能です。

 

■新居に慣れるまでどれぐらいかかる?

ネコの種類、性格によってもだいぶ異なります。目安としては、1週間~2週間あたりだと考えてください。臆病だったり、神経質、怖がりの猫になると1ヶ月、場合によっては2か月以上かかることもあります。同棲をはじめたり、結婚するなどして、見慣れない同居人が増えると、場所だけでなく人に対する警戒心も増すので、時間がかかります。特に同居人が猫が好きでなかったりして相性が合わないと、空間の変化より、人に対する警戒心を解くのが大変です。

外猫は完全室内飼いで家猫にするいいきっかけ

今まで家と外を行ったり来たりしている猫にとっては、引越しが家猫にするチャンスだともいえます。猫に自由に外出を許していた人にとっては、
「狭い部屋にずっといさせるのはかわいそうだから外に出してあげている」
と思われるかもしれませんが、これは間違いです。外に出ることで、交通事故の確率も増えますし、変な食べ物を食べて食中毒を起こしたり、先住猫とのけんかや、溝にはまったりして怪我をすることもあります。

猫嫌いで虐待する人も実際に存在するのです。

人の家の庭で糞やマーキング目的のスプレー行動(おしっこのまき散らし)をすることで、近所の人たちとの仲も険悪になります。猫の糞は臭うので、いやがる人も多いのです。もちろん猫に悪意はないにせよ、好意的にみてくれない人もたくさんいます。

そのためにも、ずっと家にいても快適な部屋作りをこころがけてあげる必要があります。

温度を一定に保ち快適な状態にしてあげること、猫が自分の縄張りだと認識しやすいように、
隠れ家のような狭いスペースを作ってあげること、キャットタワーやおもちゃなどあきさせない工夫も必要です。

脱走に注意

特に引っ越し直後の猫は興奮状態です。飼い主さんもばたばたしているので、ついつい扉を開けっ放しにしていて、そこから脱走することもあります。

以前の住処であれば、放っておいても戻ってきますが、新居の場合、猫は勝手がわからず、
どんどん遠くに行ってしまい、とうとう戻ってくることがなかった、ということも考えられます。猫には帰巣本能が備わっているため、前に住んでいたところに戻ろうとする意識が働いてしまうのです。

そのために首輪やリード、名前と住所の書かれた名札を付けておくと安心です。

新居に慣れてきたかどうかを判定するしぐさとは

猫は表情だけでは、どういう感情を持っているのかがなかなか分かりづらいです。そんなときはしっぽ、しぐさ、鳴き声でどういう精神状態かを把握することができます。

しっぽで慣れてきたかどうかを判断する

猫の気持ちは尻尾で分かります。

・しっぽをたてながら人間に寄ってくる
気持ちは落ち着いています。人間に対して有効的な心理状態です。

・しっぽの先端部をゆっくりと左右に振る
ある程度落ち着いていますが、あまりかまってほしくない状態です。

・全体を左右に速いスピードで揺らしている
あまり落ち着きがない状態です。

・しっぽをふくらませて、体中の気を逆立てる
怒っているときや、恐怖感でいっぱいのときです
・だらりと下に下げる
不安感がある、何かにおびえているときえす。
しぐさと鳴き声で慣れを判定する

・身体を飼い主にこすりつけてくる
気分が晴れやかで上機嫌のときです。
・喉をゴロゴロ鳴らす
不安がなくなり安心している時、睡眠をとりたい時
・高い声で鳴く
不安で甘えたい、1人にしないでほしい
・低い声で鳴く
警戒感、不安感が強くなっています。

部屋に慣れるまではケージで飼う方法も

慣れない部屋に対する不安感で猫が隠れて出てこなかったり、その場を動かなくなることがあります。ひとつの方法として、慣れるまでの間「ケージ飼い」するやり方もあります。

ただし、自由で気ままな猫にとってはケージに閉じ込められることは大きなストレスになることを知っておいてください。それをふまえた上で、猫ケージの活用方法を考えてみましょう。

出来る範囲で広さと高さのあるケージを用意する

身体を動かすことでストレスを発散するので、広さと高さがあった方がいいです。特に必要なのは「高さ」。猫は高いところに昇ったり下りたりして、上から見下ろすことを好みます。

このように高さがあると、ジャンプすることもできるので、ストレスもたまりにくいです。

飼い主がいる間は扉を開けておく

ずっと閉じ込めておくことは厳しいです。定期的に外に出してあげることが大切です。最大で6時間までが目安だと考えてください。飼い主が家にいる間はケージの扉も開けておいて、自由に行き来できる状態にしておくとストレスがかかりにくいです。

水は24時間飲める状態にしておく

えさは決まった時間にあげれば大丈夫ですが、水はそういうわけにはいきません。水は絶対に切らさないようにしておきましょう。用意してあっても、猫が暴れてこぼしてしまって水のない状態になることもあるので要注意です。
柔らかい自分の臭いがするものを置いて寝床にしておく

部屋に慣れないのであれば、もっと狭いケージの中だけでも慣れるようにしていきましょう。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。