リサイクル家具の通信販売を利用する

リサイクル家具も注目度があがっています。

地球温暖化が叫ばれるようになりましたが、資源を有効活用するという点では、リサイクルも非常に将来性があって、有意義なものです。

「リサイクル」とは製品化された物を再資源化し、新たな製品の原料として利用する「再循環」を意味しています。

スポンサードリンク

recycle-kagu
リサイクルは大きく2つに区分されます。
・一つは「マテリアルリサイクル」(素材としての再利用)、
・もう一つは「サーマルリサイクル」(熱としての再利用)です。

「マテリアルリサイクル」というのは、廃棄物を当初と同じ材料にして、別の製品を作る再利用法のことです。

それに対して「サーマルリサイクル」とは、廃棄物を燃料として活用する利用法です。

2つの区分に、更にリデュース(減量)、リユース(再使用)、リフューズ(ゴミになる物の拒絶)の分類があります。

「リサイクル家具」として販売している家具は、不要になった家具などを修理して改めて使えるようにしたものです。

新品で高級なものも確かに魅力的ですが、ブランド品などの高級なものを安く手に入れられるのは買い手にとっても利点が多いといえます。

廃棄家具の「サーマルリサイクル」としては、紙の原料であったり、家具や建材等の原料として再度利用されます。

更に近年注目されている石油代替のバイオマス燃料や、ガーデニングや緑化資材としても再利用されています。

段ボール家具も「サーマルリサイクル」のうちのひとつで、確実に古紙として再度の利用ができる家具です。

サントリーでは、樹齢100年を超えるオークの木から作られるウイスキーの樽で、椅子やベンチ、ソファ、座卓などを製作しました。

多くの人に愛され、認められた風合を持つ「樽ものがたり」ブランドの誕生も、列記とした「リサイクル」といえるでしょう。

こうやって考えてみれば、私たちの身の回りにもリサイクルがあふれているといえそうです。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。