生活費、ちゃんと考えてる?

一人暮らしの生活費、どれぐらいかかっていますか?

周りに家族がいないことからも、ついついだらけてしまったり、無駄使いをしてしまう場合も多いですが、ちゃんと工夫をすることによって、月々の生活費は、大きく変わってくるものです。

スポンサードリンク

一人暮らしの生活費としては、家賃・駐車場料・税金・保険料・水道・ガス・電気・携帯電話基本料金といった、毎月一定額がかかる固定の生活費と、電話通話代・食費・交通費・交際費・趣味(書籍代や娯楽など)・被服費・医療費といった毎月の支出額が変動する生活費があります。

a0002_011705

固定の生活費の内容は基本料金が中心になりますが、この費用を節約することはできません。

(もちろん細かいところを見直して安くすることは可能です。先日もNTTの固定回線をKDDIに変更して、基本料金自体を安くされた方もいらっしゃいましたから)

一人暮らしの生活費として節約することができるのは変動費です。

食費などの毎月変動する生活費は、自分でがんばってある程度だったら節約することができます。

一人暮らしの一ヶ月あたりの生活費の目安は、一般的には、6万円程度のワンルームに住んで無駄遣いをしない場合で14万円~15万円程度かかると言われていますので、家賃以外の生活費について8~9万円程度かかることになります。

収入から見る支出の割合をおおよその目安であらわすと、まぁ、一般的な例になりますが、

光熱費・水道・通信費…10%以内
食費…15~20%
家賃・駐車場代など…20~30%
日用品…5%
保険料…10%以内
小遣い…10%以内
娯楽・交際費・・・5%以内
被服費…3~5%以内
貯蓄…5%

といったくらいになるでしょうか。

これは人のライフスタイルによっても、がらりと変わってきますので、あくまでも参考例をして留めておいて下さい。

これを手取り14万円の一人暮らしと仮定して計算してみると…。光熱費・水道・通信費…1.4万円以内。
食費…2万円~3万円。家賃・駐車場代など…3万円~5万円。日用品…7千円。保険料…1.4万円以内。
小遣い…1.4万円以内。娯楽・交際費…7千円以内。被服費…4000円~7千円以内。貯蓄…残り~っていう感じになります。

人それぞれ趣味・ライフスタイルにより割合はかなり変わっていきます。

まずは、細かい無駄遣いをなくすことからはじめていきましょう。

自分では意識していない無駄遣いってけっこうあるものですからね。

一人暮らしを行っているのでしたら、一人暮らしならではの節約術を身につけることがライフスタイルをUPしていくための基本です。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。