引越し資金いくらぐらいあればいいの??目安をしりたい

引っ越しには相場がありますが、それ以外の出費も存在します。単身と家族でも違いますし、ましてや近距離と飛行機を使うような遠距離でもまるっきり異なります。

スポンサードリンク

いくらぐらいかかるか目安だけでもしりたい、という話しがありますが、一人暮らしの単身者、近距離であっても30万ぐらいはみておいた方がいいでしょう。

「ええ、そんなにかかるの?!」と思われた方もいるかもしれません。でも、想像している以上に多くのお金が出ていってしまうものなんです。

引越し業者に払うお金だけではありません。引越し先の現地に下見に何度も行かなければいけないかもしれませんし、新居の敷金礼金もあります。当日の交通費だってかかりますし、知人に手伝いをお願いしたらお礼にごちそうしたり、お礼をする必要もあります。買い替えなければいけないものも出てきますし、大きなものを処分するときは、処分費用も別にかかります。新居に落ち着いてはじめて必要であることに気づき、改めて購入するものもあります。思った以上にお金がかかるものです。

これが、距離がもっと伸び、家族の引越しになると当然もっと金額は高くなります。100万あっても、全部使い果たしてしまう場合もあります。

ローンは極力避けるべき

「引越しなければいけないんだけど、お金の持ち合わせがなくてピンチです・・。」

貯金のない人、少ない人にとっては、引っ越しをするにあたって「手持ちの資金が足りない」という場合はどうすればいいでしょうか。

いわゆる浪費家の人にとっては、普段から貯蓄をして、いざというときのために使う、という発想に欠けています。「足りなかったら借金をすればいいじゃない」という感じで、つねに尻に火がついている状態です。

困ったことにこのタイプの人たちは、自分が浪費家であるという自覚がまるっきりありません。いくらあっても、その分必要以上に使ってしまうので、常に家計は火の車です。なので必要なときにお金が手元にないということになります。夫婦の離婚の原因のひとつとして、金銭感覚の違い、というものもあげられますので、お金の価値観の違いはかなりの問題でもあります。

浪費家の方々は、おそらく消費者金融やキャッシングといったところも自分の財布の延長ぐらいにしか考えていないのでしょうが、この際、意識を変革する必要があります。ローンや借り入れ、融資といったものは、本来やるべきものではありません。

ただ、解決策は自分でこころがけることで可能になります。

浪費家癖をやめて、節約癖を身につけるようにしなければいけません。たとえば引越し業者に頼むにしても、どこでもいい、という考えを捨てることもそうです。

「少しでも安く引越しするにはどうすればいいか」ということを考えるようにしてください。そうすることで、少しずつお金は貯まるようになっていきます。

引越し資金はあらかじめためておこう

引っ越しが絶対にない、ということはあまりないかと思います。会社員の方で、会社都合での引越しは法人負担で料金を負担してくれますが、それでも、物件の下見や準備などでどうしてもお金がかかってしまいます。そういう雑費については、会社負担ではなく、自己負担で処理するように、という会社も多いのです。

普段ギリギリで生活している人は、こういった時にお金が足りなくて、借金をしてしまうのです。そして借金体質は続いてしまいます。やはり計画以外での出費は出てしまうもの。普段からためておくこと、節約したり、お金が継続的に入ってくる思考にしておくことなどは心がけておきましょう。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。