少量の荷物での引越しはどこがお得なのか?

一人暮らしとひとくちにいっても、荷物がてんこ盛りで2,3人分ぐらいの量に相当する荷物を抱えている方もいます。

これは、趣味であったり、仕事道具がかさばったり、とライフスタイルでまるっきり変わってくるので、一概に人数だけで引越しの値段の相場を決定するわけにはいきません。

スポンサードリンク

shoryo

ただ、独り暮らし、独身の方であれば、その荷物の分量の差はあれど、ファミリーや夫婦といった引越しに比べると、荷物は少量になるのが普通です。

では、その少量の荷物だった場合はどこに依頼するのが、一番お得になるのでしょうか?

・レンタカーを借りる

レンタカーにしっかりと収めることができる、そして搬出、搬入まで自分でしっかりとできるのであれば、レンタカーを借りて自分で引越しをするのがおすすめです。

ただし、レンタカーを使っての自力の引越しというのは想像以上に大変だということも覚えていてください。

まず、大きなものの運搬です。冷蔵庫、洗濯機、ソファーといったものを一人で運べますか?

友人、知人を助っ人として呼んでいるのであれば運ぶことはできるでしょうが、ぶつけないで移動する、というのはかなり大変な作業です。

軽トラ、2トン車などを借りるにしても、慣れない道路の運転はプレッシャーですし、現場で車を止められるかどうかも分からない、

レンタカーはガソリンを入れて、元のところに返却し、そこから電車やバスなど改めて別の交通機関に乗って新居に戻ってこなければいけない。

友達には、ご飯か飲みをお礼として奢らなければいけない。

とかなり面倒なのが現状です。すごい近場で荷物の量が極端に少ない以外では、おすすめできる方法ではありません。

・やっぱり引越し業者が便利でお得

でも、引越し業者で引越しをおこなうことで、上記の不安や面倒な作業は一掃されます。

1人では運べない物もきっちり養生して運んでくれますし、業者によっては、段ボールとガムテープも引っ越し前に持ってきてくれます。

布団ケース、ハンガーケースも専用のものがありますので、レンタカーでは面倒だった作業もだいぶらくになります。

・大手引越し業者での少量用の単身プランも

もちろん引越しは単身、少量の需要もたくさんあるので、ほとんどのところではいくつかのプランを用意しています。

1BOXプラン、他の人との混載便など、バリエーションに富んだプランを用意しています。

大手の業者や宅配便が用意している、少量の荷物用のプランをご紹介しましょう。

クロネコヤマト

宅急便でおなじみのヤマト運輸が展開する少量荷物のためのプランです。
単身引越しサービスでは、1ボックスに入る量の荷物を運んでくれます。
レギュラー:ダンボール10箱、2ドア冷蔵庫、洗濯機、電子レンジ布団袋1袋、衣装ケース3ヶ、スーツケース1ヶ
ミニ:ダンボール15箱、衣装ケース3袋、布団袋1袋

アリさんマークの引越社
ミニプラン1:ダンボールのみ10箱
ミニプラン2:畳1畳分(ダンボール15箱、テレビ、チェスト)
ミニプラン3:畳3畳分(ダンボール20箱、テレビ、小型冷蔵庫、洗濯機、小型電子レンジ・自転車)

佐川引越しサービス
チャータープラン:搬入・搬出も自分でおこないます。トラックだけお願いするパターンです。
スタンダードプラン:箱詰め、箱出し作業は自分でおこないます。一番ポピュラーな方法です。
まるごとおまかせプラン:梱包から荷ほどきまでおまかせするプランです。値段はその分高いですが、時間のない方にはおすすめ。

これらは大手の引越し業者の少量引越しプランをあげましたが、他の大手や中小引越し業者でも、独自のプランを準備しています。赤帽は、少量近距離の引越しを得意としているところが多いので、選択肢として入れておいて損はありません。

単独で見積もりをとってきめてしまうと、けっこうな値段になってしまいますが、複数の会社で一括見積もりをとると、安い価格、場合によっては格安での見積もりが出てきます。また、長距離の引越しと近距離の引越しでも値段が違ってきます。

そのため、しっかりと価格を見極めて高い値段で引越しを決めてしまわないように注意してください。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。