灯油の処理は大丈夫?引越しの石油ストーブの運搬方法

冬場に部屋を暖めてくれる活躍をしてくれるストーブ。エアコンの暖房を使っているところも多いですが、電気ストーブとともに石油ストーブも多くの家庭で使われています。でも、引越しの時に面倒なことがあるんです。

スポンサードリンク

面倒なことというのは「灯油」です。

電気ストーブは電気で暖かくなるため、コンセントを抜けばそれですむため、引っ越しの時にはさほど問題にはなりません。
大きさも大丈夫ですし、梱包も難しくありません。

ところが石油ストーブは電気ストーブに比べてもサイズが大きいのと、灯油が入っている場合は運送できなくなってしまいます。

基本的に、危険物は引越し業者は運送を断る権利というものがあります。
もちろん事故を未然に防ぐためです。

石油ストーブ自体が問題なのではなくて灯油が入れたままの状態になっているのが問題になるわけです。

引越し当日までに、灯油は完全に抜いておく必要があります。
灯油がたくさん残っている場合、着脱式のタンクのものであれば、タンクを外して中の灯油をポリタンクに移し替えれば大丈夫です。

灯油が残り少なくなったら、ストーブに点火して、灯油を燃やし切ります。これは当日ではなくて、必ず前日までに済ませておくことが重要です。なぜかというと、どれぐらいの時間燃えるのかが分からないためです。

すぐに燃え切るだろうと思っていたら、意外に時間がかかり数時間燃え続けていたので、引越しの時間に間に合わなかった、仮にギリギリ間に合ったとしても、余熱で熱いのはしばらく続くため、梱包もできないですし、運ぶのもダメ、車に乗せることもできません。

当日には既に空っぽで、すぐに梱包、搬出ができるような状態にしておくことです。

本体のストーブの灯油は燃やして空にしておいた。でも、補充用のポリタンクには残っていませんか?こちらも持っていってもらえないと思ってください。

さすがに全部を燃やして処分するわけにもいかないのですが、灯油はガソリンスタンドで引き取ってもらえることがあります。料金はかからないケースが多いです。事前に引き取りをお願いしておくといいでしょう。

 

FFストーブは取り付けは業者にまかせよう

寒冷地でよく使われるFF式ストーブがあります。これは通常の煙突よりも細い給排気筒を壁から外に出し、外から空気を取り入れて中で燃焼させ、その後排気を外に放出します。

メリットとして、室内が燃焼ガスで空気が悪くなることはなく、基本的に換気の必要がありません。取り外しは自分でもできますが、取り付けは業者に任せましょう。自分でやると、不完全燃焼や故障の原因となります。

ストーブの不完全燃焼は命にかかわるものです。「まあなんとかなるだろう」という甘い考えは捨てて業者にまかせましょう。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。