引越し退去前の掃除はどこまですればいいの?

賃貸住宅の退去をする時には掃除をしてきれいにしておくのがマナーですが、
どこまできれいに掃除をすればいいのでしょうか。

スポンサードリンク

a0003_001570
退去のときに掃除をしておくのは、マナーとして当たり前のことです。
ただ、どこまで掃除をすればいいのか、その度合いに迷われている方も多いようです。

掃除については、「普段おこなっている掃除のレベル」で大丈夫です。

もちろんダスキンのハウスクリーニングなんかを呼んでピカピカにするまでにはしなくても問題ありません。

中には、「掃除はしない」なんて人もいるようですが、管理会社や大家さんが部屋の引き渡しの確認で部屋を目にした時の、
印象ががらりと変わってしまいます。
汚れた部屋=大切に扱っていなかったということで、返還されるべき敷金の額にも影響を及ぼしてしまいます。

最低限の部屋の掃除はおこないましょう。

プラスアルファでお風呂場の水垢、キッチンのコンロあたりの油はねなどは、事前にきれいにしておくことで、
退去時の清掃がラクになります。

掃除の度合で敷金の返還って変わってくるの?

まずは、私たちが入居時に納める敷金について確認しておきましょう。

敷金とは、家賃が滞納されたときや、原状回復に必要な費用が発生した場合に備えて、部屋の借主が貸主に対してあらかじめ預けておくお金のことです。
家賃や礼金と違って「預けている」お金のため、退去時には原則として返還されます。

「原則として」といったのは、必ず全額が返還されるということではないからです。実際には、退去時に原状回復にかかる費用が差し引かれて、
残額が退去した借主の手に戻されます。

この原状回復ですが、大家や不動産会社によって、基準がまちまちです。

そのため借り手としては、
「どのレベルまでの掃除をすればいいのか分からない」
「掃除の徹底度合で敷金の返還額が変わってくるのか」

という疑問点が出てくるわけです。

国土交通省が「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」という、原状回復費用負担に関するガイドラインを出していますが、
これは、法的強制力がないため、大家さんと管理会社の判断に委ねるしかありません。

一般的に原状回復が発生しない物もあります。

 

原状回復の費用が発生しないケース

人が住んでいる以上、気をつけていても、どうしても避けられない傷や汚れといったものは発生してしまいます。
これらは借主が部屋を通常に使用している中で必然的に発生する損耗ということで、原状回復にかかる費用は基本的に発生しません。

・フローリングの経年経過による色落ち
・畳、フロスの色褪せ
・家具の設置による床、フローリングやカーペットの小さなへこみ
・家電製品の設置による電気ヤケ

これらは日常生活の中で、自然に発生するものなので費用が発生することはありません。

ただし、消耗部分や損耗を落とせる汚れとして自己流で掃除をしたり、へこみや傷を自分で修復しようとすると、逆に変色がひどくなったり、
へこみや消耗も部分がいびつになってしまいます。

自己流でむやみにおこなうと、通常の生活で発生する消耗としてではなく、原状回復義務が発生してしまうことになるので、注意してください。

掃除をすることで敷金の返還がプラスになるケースも

・ガスコンロ置き場、換気扇の油汚れ
・風呂、トイレ、洗面台の水垢、カビ

上記の汚れなどについては、
「通常使用による損耗」にあたる場合と、あたらない場合があります。

これらのよごれというのは、普段こまめに掃除をしていれば、それほど大きな汚れにはならず、通常損耗として扱われますが、何年も放置していた場合、
汚れが落ちずに、原状回復費用として負担しなければならないこともあります。

逆に引越しが決まってからでもこまめに掃除をしておくことで、退去当日の掃除が格段にラクになりますし、敷金の返済額にプラスになる可能性も大きくなります。

ある程度の汚れは前日までに徹底して掃除しておく

引越し当日の掃除はかなり大変です。

せいぜい簡単な拭き掃除しかできないと思ってください。
掃除機もすでに荷物として梱包していることもあるので、
雑巾での拭き掃除やクイックルワイパーでの簡単な掃除になります。

「掃除しないでそのまま退去」ということはマナーとして許されないし、大家さんの心証を悪くして敷金の返済額にマイナスになることも予想されますので、
出来る限りコツコツと掃除をおこなっておくことをおすすめします。

「立つ鳥跡をにごさず」ともいいますからね。

壁と天井のヤニ掃除はやったほうがいいの?

タバコを吸う方、特にヘビースモーカーの方は部屋の壁紙が黄色く変色していることもあるでしょう。

部屋では吸わず、外のバルコニーやベランダで吸うようにしていても、たばこのヤニ臭さであったり、壁紙のダメージはやはり吸わない人よりも大きいです。

タバコを吸う吸わないは敷金の返却及び、大家さんの印象にも影響を与えるものですから、余裕があれば少しでもきれいな状態にするため、壁を拭いておいたほうがいいでしょう。一番手軽なのが重曹をお湯で溶かしてスプレーする方法です。

ヤニ取り用の専用洗剤もありますが、キッチンハイター、マジックリンを水で希釈しても汚れ自体は落ちるので、それらを活用してもいいでしょう。

失敗例として退室時に子供が壁に描いた落書きを消そうとシンナーを使って壁紙を拭いたために、壁紙がところどこと剥がれてボロボロになり、クリーニングでできるものが交換、という羽目になったこともあります。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。