単身引越しの相場ってどれぐらいなの?

家族の引越しと比べると、比較的こじんまりとした単身引越し。

しかし、中にはたくさんの荷物があったり、へき地への引越し、繁忙期と閑散期でも料金の相場はだいぶ変わってきます。

距離も15キロ以内の同一市内ですませられる近距離、あるいは東京ー九州といった

長距離になるのか、で価格は大きく異なります。

まずは実際の相場一覧をあげてみますので、いくらぐらいの料金なのか把握しておくといいでしょう。

スポンサードリンク

6134-close-up-of-three-credit-cards-pv

 

これは、一般の引越し業者に頼んだ時の相場です。1DK、1LDKで荷物少なめの場合です。
1Rでさらに少ない場合は、これより-5,000円、で荷物が多めになる場合はこれより+10,000円ほどとみてください。

■15km以内(同一市内/都内23区内/大阪市内/京都市内/名古屋市内)
新宿ー吉祥寺(14.7km)渋谷ー元住吉(14.9km)

・通常期(1、2月と5~12月)
およそ31,000円
最安値18400-高値72000

・繁忙期(3、4月)
およそ62,000円
最安値20,000-高値144,000

■50km以内(同一都道府県内)
東京ー藤沢(54.8km)新宿ー高尾(51.7km)
東京ー千葉(51.2km)東京ー柏(49.2km)

・通常期(1、2月と5~12月)
およそ33,000円
最安値20,700-高値72,000

・繁忙期(3、4月)
およそ66,000円
最安値32,000-高値144,000

■100km以内(同一地方内)
東京ー小田原(84.3km)東京ー熱海(102km)

・通常期(1、2月と5~12月)
およそ40,000円
最安値25,900-高値82,000

・繁忙期(3、4月)
およそ79,000円
最安値32,200-高値164,000

■200km以内(隣接地方)
東京ー水戸(124km)東京ー静岡(174km)

・通常期(1、2月と5~12月)
およそ58,000円
最安値41,300-高値154,000

・繁忙期(3、4月)
およそ112,000円
最安値51,000-高値308,000

■300km以内(遠距離地方)
東京ー愛知県豊橋(285km)

・通常期(1、2月と5~12月)
およそ78,000円
最安値41,300-高値245,000

・繁忙期(3、4月)
およそ155,000円
最安値71,000-高値490,000

東京仙台(366km)
東京名古屋(km)

引越の料金は、荷物の量×距離×時期によって大きく変わります。

引越し業者以外の選択でもっと料金は安くなる?

引越しをお願いするのは、一般的には引越し業者にお願いするものですが、単身で荷物が少なく、距離も近距離の場合は、レンタカーや赤帽を使う、という選択肢もあります。

下記は、通常期の荷物少なめで15キロ以内の近距離引越しの場合のレンタカーと赤帽の相場です。メリットとデメリットも上げてみました。

■レンタカーでの引越し
10,000~16,000円
・自分のペースで行動できる
・一番安上がり

・レンタカーの返却が手間(現場まで戻るケースも)
・自分でやる分時間がかかる
・梱包・開封がけっこうめんどくさい
・想定外の重いものだと対処しきれない
・床や壁を破損する場合もある

■赤帽での引越し
15,000~20,000円
・荷物が少ない場合は安くできる
・車に同乗して引越し先へと移動できる

・積載量が少ないので、持っていけない物も出る場合も
・梱包・開封を手伝わないといけない
・重いものの移動は自分も手伝わないといけない
・床や壁などを破損する恐れも
・個人で運営しているので当たり外れが大きい

■引っ越し業者の引越し
15,000~45,000円

・作業が迅速、丁寧
・荷物運びは作業員さんがやってくれる
・段ボール・ガムテープを事前に用意してくれる
・万が一破損した場合は保証があるケースが多い

・見積りをとらないと高いところもある
・業者間によって価格差がある場合も
・繁忙期は早めの予約をしないと間に合わないことも

上記をみると、自分でおこなうのが一番価格がおさえられます。

ただし、友達にお願いした場合、謝礼もおこなわないといけませんし、レンタカー代以外にも、引っ越し業者だと無料でもらえる段ボール、ガムテープといったものを自分で事前に購入してしっかりと梱包しておかなくてはいけません。

それをふまえると、自分で引越しをおこなうことは、荷物が少なく、近距離の場合でしかおすすめできません。

相場からさらに安くするために

相場というものはあくまでも相場でしかありません。

ここから少しでもやすくしたいと思うのは当然のことです。

・ピーク時を避ける
土日よりは平日が安いです。また2、3月は高額になりやすいので、この月をずらすと安くなります。

・引っ越し業者は複数の見積りをとる
一部の引越し業者さんは、最初は高い価格を平気でふっかけてきます。

そこで引越し業者複数で相見積もりをとることで必ず安くなります。

業者が最初高い値段を出す理由は、見積をとらずに、その業者ですぐに決めてしまう人がかなりの割合でいるからなんだそう。

業者としては、高い値段の方がいいわけです。

そこで私たちがしっかりと複数の見積をとることで、少しでも安い値段にしてもらうわけです。

単身引越しは、家族や法人の引っ越しのように大規模ではないので、それほど金額はかからないのですが、それでも、1万円単位で安くなることはザラにあります。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。