引越し業者スタッフへの心付けやお礼は渡すべき?今は「チップは受け取らない」とも聞くけど・・

質問
「今度引越しをおこなう予定です。依頼した業者の方は誠実そうないい感じの方でした。ちゃんと作業をおこなってくれた場合、引越し屋さんへはやはりお礼をチップや心付けとして渡したほうがいいのでしょうか?また、渡すとしたらお気持ちはいくらぐらいが妥当でしょうか?」

スポンサードリンク

a0002_009305

回答
「感謝の気持ちのお礼は必要ですが、心付けやチップは現在ではかならずしも必要ありません。」

チップと心付けは違うもの

日本ではチップの習慣はありません。いっけんチップと心付けは同じように扱われますが、性質は少し異なるものです。アメリカでは、チップは常識、マナーとしてホテル、レストラン、タクシー、駐車場などで払う必要があります。法律で定められているわけではありませんが、そこで働く人たちはチップをもらうことを前提にして会社側から給料をその分低く設定されているので、チップがなければ生活が成り立たないのです。

それに対して日本ではチップの習慣がないので、渡すお金は純粋に感謝やお礼の気持ちとして、ということになります。

アメリカのチップは裸銭ですが、心付けはそのまま渡すのではなく、ティッシュかポチ袋にいれて渡すようにします。茶代、飲み物代、 手当て、御祝儀ともいいます。

最近ではなくなりつつある習慣

昔は作業が終わった際のお礼として現金をチップや心付けとして渡すのが常識でしたが、最近ではその習慣もなくなってきました。

個人で経営されているような小規模のところでは受け取るケースもあるかもしれませんが、大手の引越し会社は社内規定で受け取らないようにいわれているため、大手ほど断られます。

特に最近ではコンプライアンス関連が厳しくなっているため、作業員さんも受け取れないのです。こういうところに強引に手渡ししようとしても逆にスタッフも困惑してしまいます。

もし、渡さなかったら不都合が生じる?

大手の引越し業者では、受け取らないように教育されていますし、渡そうという人の割合も少ないです。(年配の人ほど渡す率が高いです。若い人はほとんど渡さないです。)

今では、チップ、心付けは受け取らないという形で定着しているため、まったく問題ありませんし、大手のしっかりしたところほど渡そうとして「うちでは受け取らないことになっているんで」といわれてしまいます。

渡さなかったからといって、対応がぞんざいになったり、仕事が雑になったり遅くなったりすることはありませんので安心してください。

そんなことで対応を変える業者がもしいるとすれば、それはプロではなくアマチュアです。

大手引越し業者にかんしては、見積もりの中にそういったサービス料もすべて含まれているので、渡さないからといって失礼になることはまったくありません。

どうしても引越しの気持ちをいくらかでも渡したい・・

「それでも一生懸命頑張ってくれている作業員さんになにかお礼をしたい」

依頼した引越し屋さんが、テキパキと作業してくれたおかげで無事に引越すことができた。
なのでなんとか言葉以外でのお礼の気持ちを示したい。

やっぱり対応がよく、しっかりと作業をしてくださる作業員さんはみていて気持ちのいいもの。

気持ちはいくらぐらい渡せばいいか、ということですが、昔はスタッフ一人当たり1,000円というのが相場だとみておけばいいでしょう。現金ではなく商品券や最近ではクオカードを渡す人もいます。

どんなふうにいって渡せばよいか?で悩まれるかもしれません。普段はなかなかやらないことですから無理もありません。

どのタイミングで渡すのがいいの?作業前、それとも作業後?

いつ渡すのか、のタイミングとしては、最初に「今からよろしく」の意味を込めて渡す人、最後に「ありがとう」の意味を込めて渡す人などさまざまですが、最初に渡す人の方が多いです。最初に渡すことで、作業をより丁寧にやってもらえるから、という期待感が込められている、ということもあります。

渡し方としては、作業前であれ、終了後であれ、かまえた感じではなく、あくまでもさりげなく渡すのがスマートです。

作業スタート前だったら、
「今日はよろしくお願いします。これはほんの気持ちですので」
終了後だったら、
「お世話になりました。皆さんで飲み物でも買ってください」
「少しですが、どうぞ取っといてください」
「心ばかりのお礼ですので」
「ほんの気持ちです、ありがとうございました」

といいながら手渡します。大手業者スタッフで断られたら、無理強いはしない方がいいでしょう。コンプライアンスでどうしても受け取れない事情があるのです。

心付けは受け取ってもらえなかったが、どうしてもお礼をしたい・・・

やんわりと受け取りは断られたが、やっぱり頑張ってくれたんだし、お返ししたい・・。そういった時には、お金ではなく、ペットボトルのお茶だったり、缶コーヒーを差し出してみてはいかがでしょうか。

「作業の終わりに「お疲れ様でした。喉も乾いたと思うんでどうぞ。」

とさりげなくいたわりの言葉を投げかけながら渡すのです。そうすれば、感謝の気持ちも伝わりますし、受け取る側も遠慮がなくなりスムーズに受け取ることができるようになります。

一番大切なのは相手に対する気持ち

結局のところ、大変な作業を代行してもらっているわけですから、そこに対して仕事をおこなってくれたことに対する感謝の気持ち、プロフェッショナルに対する尊敬の想い、そういったものを私たちが持って接していれば、それは必ず相手にも伝わり気持ちよく仕事をすることができます。

「自分は客だ」「金を払ってやってるんだから」という傲慢な態度は言葉に出さなくても必ず相手にも伝わってしまいます。

スタッフに対しては、ねぎらい、感謝、尊敬、そういった想いを持って接してください。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。