ウィークリーマンションも活用しよう!

「引越しはしたいけれど、そんなに長く住むわけじゃない・・」
「確固とした引越しの目的があるわけじゃない」
もしなんとなく住まいを変えてみたい。
長く住む予定ではない。

というのでしたら、マンスリーマンション、ウィークリーマンションに住むという方法もあります。
(デイリーマンションは、ウィークリーマンションと同義です)

スポンサードリンク

weeklymanshon

■東京・神奈川・埼玉・千葉
都内ですと、渋谷、新宿、池袋近辺が多いです。

ただそれ以外でも、各沿線にまでたくさんのところが存在しています。

値段で見ると一番高いのは、恵比寿、麻布、青山あたりです。
このあたりになると、渋谷、新宿よりも高くなっていますので、金銭的にあまり余裕のない方は、避けて別の地域にした方が無難でしょう。

ターミナルから離れるほど値段もだんだんと下がっていきます。

あと、山手線で分けて考えると、東側がやや安いです。同じ距離でも若干安くなります。

沿線でいうと、田園都市線・東横線といった渋谷沿線は高め。池袋沿線になると安くなります。

あとは急行が止まるかどうかでも違ってきますね。

埼玉、千葉あたりになりますと、郊外の地域によっては地方と変わらないほどの値段で借りることができます。

千葉でも千葉市を超えて、外房よりになると随分と安価ですね。

神奈川近辺ですと横浜だとだいぶ高くなります。東京に近い川崎の方がむしろ安くなります。

神奈川といっても、広いですが、たとえば、藤沢、平塚などは安いです。

相模原も安いですね。

相模原近辺でも、小田急沿線だと町田と相模大野。
1駅しか違いませんが、東京と神奈川ということで、家賃もやや違ってきます。

安くあげたいのであれば、ひと駅ずらしてみればいいでしょう。

■大阪・神戸
大阪だとキタ、とミナミに集中しています。
兵庫は神戸が高く、姫路、西宮あたりだと安くなります。
大手のチェーンもありますが、地元に密着したところもありますので、そういったところを探してみてもいいかもしれません。

物価も東京に比べると、安いですが、地域による値段の差というのは、それほど大きいわけではありません。

首都圏・関西圏には
■レオパレス ■リブマックス
といった大手のマンスリーマンションを展開しているので安心です。

大手以外でもウィークリーマンションはたくさんありますので、自分の目的にあったところを選びたいですね。

値段の幅も広いですが、格安すぎるところは、築年数がたっていたり、駅から非常に距離がある、という問題もあります。

ご自身の目的にあったところを探すのが一番ですね。

街によっても雰囲気が違いますので、自分にあったところを探すのもけっこう大切なポイントです。

逆に自分が好きな街に試しに住んでみるという方法もあります。

憧れだった街が住んでみると、けっこう不便だったり、逆に目立たない街が住みやすい、という場合も多いのです。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。