引越しを機にwi-fiを変えてみるのもいいかもしれない

ずっと自宅でインターネットを使っている場合、昔ながらの回線を使っていることってけっこうありがちです。

インターネットを変更するのって、案外めんどくさい気持ちの方が先に立ってしまってほとんどの方が、昔からの契約のままずっと使い続けているのが多いのではないでしょうか

スポンサードリンク

wi-fi
しかし、それだと値段も変わらずに性能も旧式のままで、回線スピードは遅く、価格だけが高い、ということになってしまいます。

そのままにしておくのは、あまりにももったいないので、引越しを機にワイハイも見直してみることをおすすめします。

最近のwi-fi事情について

昔は回線を引いて、ナローバンドでインターネットをおこなう、という選択しかありませんでしたが、今は光回線が主流になり、wi-fiを使っている方もだんだんと増えてきました。

自宅でもワイファイが普通になりつつある現在、コードをつないでのインターネットの時代は、もう時代遅れになりつつあります。

wifiですが、主に引越し先での使用法として、

・小さくて携帯にも便利なモバイルwifi
・自宅で主に使う、据え置きタイプのwi-fi

2つの方法があります。

それぞれにメリットとデメリットがあります。

・小さくて引越し時にはラクなモバイルwi-fi
一番のメリットはなんといっても、「自宅での工事の必要がない」ということです。光回線であれば、光ケーブルを自宅に配線するために工事をおこなう必要があります。

また、引越しの時も、モバイルルータをそのまま持っていけば、引っ越した当日からすぐに使えるというメリットもあります。あとは、価格も据え置きや光回線に比べると安いケースが多いです。

デメリットとして月の利用制限があらかじめ決まっているところが多いです。7ギガに設定されているところが多く、これを超えると通信制限が発生し、スピードが遅くなってしまいます。
動画を見たり、通信ゲームをする方はすぐに制限を超えるのでモバイルワイファイは向かないでしょう。

・安定したネット環境の据え置きwi-fi
速度制限もなく、安定した通信状況なので、家でしっかりとインターネットを使いこなしたい、という方にとってはおすすめです。

工事日まで数週間待たされることも多いので、その間インターネット環境が使えなくなります。

がっつりとインターネットを使いたい、という人は、据え置きwifiがおすすめですが、引越しを頻繁におこなったり、場所の移動をしょっちゅうおこない、出先でもインターネットを使う方は、モバイルwi-fiを導入してみてもいいのではないでしょうか。

最近では、wimax2やy-mobileといった価格面でも手頃なモバイルルーターが販売されていますので、一度自宅での通信状況を確認してみて、自宅で使えそうだったら、導入してみるのもおすすめできます。

まとめ

屋外で使ったり、引越しの工事期間を考えると、モバイルルーターが便利です。
設定もそのままだし、新居でつながらない!といった心配もいりません。

だが、ネットゲームや動画配信サービスなどをつかうのであれば、据え置き型の方が便利です。それぞれに用途や性格が異なるため、自分の使用目的にあった使い方を見極めましょう。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。