引越しは安い時期を狙うことでかなりお得になる

引越しの値段は、見積りの出し方や交渉の仕方によってもだいぶ違った価格が出てきます。

もちろんそれでも安い金額を狙うことはできますし、一番大きなポイントは、引越し屋さんが忙しくなるピーク時期
(繁忙期)ではなく、閑散期に引っ越すことがなによりも手っ取り早く値段を安くすることができるのです。

スポンサードリンク

a1640_000216

安い時期と高い時期について

まずは高い時期と通常価格の時期、そして安い時期とを月別にまとめてみましょう

・料金が高い時期
3・4・8・9月

日本の学校や会社は年度で区切るため、ちょうどこの時期が人の動きが多くなります。

年度始まり、上半期の4月、下半期始まりの9月は引越し、不動産、賃貸仲介業といったところもピークを迎えます。

一番忙しくて値段も高いのは年度末で年度初めに向けて動き出す3月、ついで4月その次に高いのが、下半期にまたがる、9月になります。

下半期は10月スタートですが、前月の9月やその前の夏休み前後も長期の休みがとれやすいということで、8月も割高になります。

特に3月は学校の卒業や、進学、入学、新社会人の就職や会社の転勤といったものがあります。

学校の先生の異動もこの時期に一斉におこなわれます。

値段が高いことはもちろんですが、引越しの予約もすぐに埋まってしまうため、モタモタしてると自分が希望していた日がとれないこともままあります。

・通常の価格の時期
2・10月

2月は3月が一番のピークになるため、それを避けた人々が前月の2月に異動をおこなう感じです。

10月は下半期スタートですが、9月に動きが活性化するので、10月はそこまで忙しくありません。

2月、10月ともに値段は通常価格に近くなります。

ただし、2月は上旬は安く、3月に近づく下旬になると、価格が高くなってくるので注意が必要です。

・料金が安い時期
1・5・6・7・11・12月

年末年始は冬休みにあたるため、若干忙しくなりますが、12月、1月はそれほど忙しくありません。

年度またぎのピークが過ぎた5,6,7月、下半期のバタバタが落ち着いてきた11、12、1月はそれほど忙しくなく、料金がもっとも安い時期になります。

どれぐらいの値段差になるの?

では、実際の価格の差ですが、どれぐらいになるのでしょうか?

単身かファミリーか、近距離か長距離か、でもだいぶ値段は変わってきます。

それでも価格差が小さくても2割、一番大きい差では実に2倍近くの料金差が発生します。

あと、繁忙期の週末と、閑散期の平日でも料金に2倍近くの差がでるところもあります。

びっくりしますよね。作業内容は同じなのにこんなにも値段差が出てしまうなんて。

ですので、できることであれば、閑散期に引越しをすることが安くあげるコツになります。

あと、閑散期の安い時期に引越しをおこなうともうひとつのメリットがあります。

・物件が良い条件で借りやすい

ということです。

引越し業界と不動産の賃貸、仲介業界というのは、年の中での忙しさというのがリンクしています。

引越し業界が忙しいときというのは、住まいさがしの人が増えているので同じように不動産屋さんや賃貸仲介業者も忙しいのです。

実際には、住む場所を決めてから引越し業者を決定し、引越しをおこなうので、「仲介業者が忙しい→引越し業者が忙しくなる」
この間で少しのタイムラグが発生するのですが、忙しさの流れとしては、ほぼ同じだと考えていいでしょう

引越し業界が暇な時期であれば、仲介業者も同じように暇なので、物件の競争率も高くなく、思わぬ掘り出し物も見つかることがあります。

また、この時期は大家側が少しでも入居率をあげようとして、家賃1ヶ月無料、や礼金なし、といったサービスをおこなってくれることもあります。

閑散期に引越しをおこなうことで、家賃や礼金も安くなる可能性もあるわけです。

できることなら、引越しは安い時期を狙っていくと、料金を節約することができます。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。