引越し用語集

引越しをおこなう時には、普段はあまり使わない言葉を見たり聞いたりすることがあります。

見積もり依頼のときにも、これらの単語が出てくることがあります。
引越し業界用語を一覧にまとめました。
よく分からない言葉が出てきたときに、活用してください。

スポンサードリンク

・相見積もり
複数の引越し業者から見積もりを取ること。省略して「あいみつ」とも呼ばれる。
一括比較サイトで依頼をおこなうことで、値段が安くなることがほとんど。

・アプローチ
建物の玄関入口から引越し用トラックまでの距離のことを指す。
狭い路地だと車が入りきらず、距離が遠くなって搬出入が大変になることも。
業者によっては、距離が大きすぎると追加料金を請求してくるところもある。

・エアシート
危険物、割れ物、壊れやすい物を包む気泡緩衝材。エアキャップ、エアクッションとも呼ばれる。一般的にはプチプチといわれる。
事前準備での箱詰めの際は、自分で購入して梱包しておくとあとがラク。

・オプションサービス
引越しに伴う付帯サービスのこと。
無料のものや別途料金が発生するものもある ハウスクリーニング、エアコンの脱着工事、不用品処分、家電品引取り、
PC設置、突っ張り棒設置、ジェルマットなどの地震対策、ごきぶりシロアリ等害虫駆除。

・家電リサイクル法
エアコン・洗濯機・冷蔵庫・パソコンなど、特定の家電をリサイクルするため、捨てる際に費用がかかる制度。
最近は違反者に対しての罰則が厳しくなりつつある

・緩衝材
壊れやすい荷物、割れ物を運ぶとき、壊れないように衝撃をやわらげる包装材。

・午前便・午後便
午前便は午前中での輸送に、午後便は午後から行われる輸送便のこと。

・梱包
大きめの荷物を紙などで包み紐をかけたり、ダンボールに入れる等で荷造りすること。

・混載便
トラックの空いてるスペースを利用して、何軒分かの荷物を一緒に運搬する方法。
長距離の引越しでよく用いられる。この方式だと値段が通常よりも安く抑えられるので活用したい。

・前梱
スタッフが事前に自宅に訪れ、荷物の梱包作業をおこなうこと。
搬出や運搬といった作業の難易度が高い、または非常に荷物が多く、作業自体にある程度時間がかかってしまうことが想定される場合に
前梱をおこなうことが多いです。
この作業を事前にやっておくことで、当日の手間が省けるので、当日は作業がスムーズに進みます。
前梱、開梱とも値段に含まれている場合と、前梱のみで開梱は含まれないケースがあります。
費用を抑えたいのであれば、前梱、開梱は自分でおこなった方が安くなります。

・チャーター便
自分の荷物専用に手配された引越しトラックで運搬する便。
赤帽での単身引越し、距離の短い引越しはほとんどがチャーター便である。

・吊上げ作業
ピアノ、ソファといった玄関からの搬出・搬入がやりづらい大型の家具を、
クレーンを使ってベランダなどから吊上げて行う作業。

・二箇所降ろし
引越し荷物の降ろし先(搬入先)が2ヵ所ある引越し。
・二箇所積み
引越し荷物を積む場所(搬出場所)が2ヵ所ある引越し。

・荷造り
小さな物をダンボール箱などに詰め込むこと。
事前にできるだけ済ませておくと、後の段取りが非常にラクになる。

・配置・設置
引越し先で、客の指示に沿って家具や荷物の配置をおこなうこと。

・ハンガーボックス
箱の中にハンガーが付いている箱で、衣服をこの箱に吊るしたまま梱包・運搬できる。
箱詰めの手間をなくし、衣類もしわになりにくいので現在はほとんどの業者で用いられる。

・繁忙期
全国的に引越し業者が最も忙しくなる時期を指す。一般に3月~4月中旬と言われる。反対が閑散期。
繁忙期だと値段が高くなるので注意が必要。

・標準引越運送約款
引越しをおこなう消費者、そしてそれを販売する引越し業者の位置づけや権利を定めたもの。
一般に「約款」とも呼ばれる。

・フリー便
引越しの日のみを指定し、時間の指定をおこなわない引越しのこと。
引越し業者の融通がきく分、引越し料金がやや割安になる。

・元払い

引越し作業開始前に最初の現場で精算を終わらせること。

本来であれば料金はすべての作業が完了した後に現場で支払うことが多いです。
料金をぎりぎりまで抑えた場合などに、元払いでの支払いになることがあります。

これは追加費用などが発生しないということが前提での作業になります。

元払いでの作業では基本的に決められた時間内での作業になるため、スタッフはそれに間に合わせるように作業を進めます。

・養生
運び出す家具をや通路や床を傷つけないために建物内外、通路、階段などの保護をおこなうこと。

・横持ち
現場の建物からトラックまでの間を人力で運ぶ作業のこと。
横持ちの距離が長ければ長いほど人力での作業工数が増えます。

当然この距離が延びれば手間も時間もかかるため、電話での見積もりでは概要をつかめないことも多いのです。
道路の舗装状況や大型トラックでの横付けが不可能でも、軽トラックであれば近くで止めることが可能。
といった状態も見積もりでは伝えておく必要があります。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。